PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 主要 > drupa2020、50ヵ国から1,651社が出展 - Print4.0+4大潮流示唆

主要

drupa2020、50ヵ国から1,651社が出展 - Print4.0+4大潮流示唆

2019年12月3日
drupa2020の4大潮流を発表するクラウス・ボルツァ=シューネマン氏

 (株)メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン(東京都千代田区、小原暁子社長)は12月2日、アンダーズ東京において「drupaデュッセルCLUB」を開催。多くの業界団体・メディアをはじめ、drupa2020出展者・来場予定者らが参加する中、2020年6月16 日~26日
までデュッセルドルフ見本市会場で開催されるdrupa2020の最新情報や見どころなどが紹介された。
 開催に先立ち挨拶した小原社長は、「展示会はビジネスの場であることはもちろん、情報交流の場である。日本からも毎回6,000人以上が来場するdrupaに今回も多くの参加をいただき、展示会のメリットを最大限に活用していただきたい」と述べ、日本からの多くの来場に期待を示した。
 このあと、ザビーネ・ゲルダーマン氏(drupa本部長 兼 印刷・メディア産業メッセ統括)が登壇し、drupa2020の概要を紹介。drupa2020には、50ヵ国から1,651社が出展(2019年11月時点)。このうち、日本からの出展は54社で、その出展規模はドイツに次ぐ2番目の2万1,452平米となる。
 続いて、クラウス・ボルツァ=シューネマン氏(drupa2020実行委員会会長)が登壇。drupa2020のキーワードとして、「人工知能」「コネクテッドカスタマー」「プラットフォームエコノミー」「循環型経済」の4大潮流に言及。「プリント4.0」の応用だけでなく、これら各分野の先駆的な技術を体験できる場となることを示した。

ニュースランキング
特集
インクジェット特集 2019
インクジェット特集 2019

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
((2019年9月15日))

「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

新たな付加価値を彩る「加飾技術」
新たな付加価値を彩る「加飾技術」

スポットニス加工や特殊抜き加工による視覚的・触覚的な表現手法で、印刷物の付加価値を高める「加飾技術」を特集
(2019年7月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2019
印刷会社の印刷通販サービス活用 2019

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2019年6月5日)

働き方改革特集2019
働き方改革特集2019

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2019年5月15日)

省電力UV印刷特集
省電力UV印刷特集

導入が進む省電力UV印刷システムの最新動向を特集
(2019年4月25日)

ダイレクトメール特集 2019
ダイレクトメール特集 2019

DM制作関連市場は1,214億円 〜 ハイクオリティなDM手法も現実化
(2019年4月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal