PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > 田中手帳、水に濡れても丈夫で開きやすい冊子を開発

製品・サービス

田中手帳、水に濡れても丈夫で開きやすい冊子を開発

2020年11月20日
ユポ紙を使用しているため、耐水性、耐久性、筆記適正に優れている
インデックス加工により水に濡れてもページを捲りやすくなっている

 田中手帳(株)(本社/大阪市住之江区、田中尚寛社長)は、デジタルインフラが麻痺した際のリスクマネジメントとして活用できる「水に濡れても丈夫で開きやすい冊子」を開発した。その活用の一例として、聴覚障害者向けに災害時のコミュニケーションハンドブックを企画・制作。発災時に災害弱者の必須アイテムになるものとして、官公庁・自治体などに活用を求めていく。
 同冊子はユポ紙を使用しているため、耐水性に優れるだけでなく、耐久性、筆記適正にも優れている。また、ユポ紙は水に濡れると紙と紙が貼り付いてしまいページが捲りにくくなるという欠点があるが、項目別に同社が得意とするインデックス加工を施しているため、手袋をはめた状態でも開きやすくなっている。ページを捲ると緊急時の救急車手配のお願いから災害状況の確認、情報収集、避難所での共同生活での必要事項などがインデックスで分類されており、聴覚障害者はこれらを指さしするだけでコミュニケーションをとることができる。
なお、同冊子はメディア・ユニバーサル・デザイン(MUD)にも対応。同社は今後も「水に濡れても丈夫で開きやすい冊子」を様々な防災方面のリスクマネジメントに活用していく考えで、田中社長は「会社や団体でお持ちの防災コンテンツとマッチングし、アナログのリスクマネジメントとして本冊子を活用していただきたい」としている。

ニュースランキング
特集
印刷会社の印刷通販サービス活用 2020
印刷会社の印刷通販サービス活用 2020

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集
(2020年11月15日)

抗菌印刷 特集
抗菌印刷 特集

「Withコロナ」時代における新たな需要として、印刷業界の「衛生的な社会への貢献」として「抗菌印刷」を特集
(2020年9月15日)

after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal