PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 団体 > 日本WPA、カーボンオフセット10,000トン達成へ

団体

日本WPA、カーボンオフセット10,000トン達成へ

2024年3月13日
会見には、奥会長(中央)と池上鎌三郎副会長(左)と中村慎一郎副会長が出席
ビジュアルコンテスト「最優秀作品賞」受賞作品

 (一社)日本WPA(奥継雄会長)は3月12日、日本印刷会館において事業活動報告会を開催し、現在推進中の事業の進捗状況などを説明した。
 まず、カーボンオフセット事業では、本年3月中に総オフセット量10,000トンを達成する見込みであることが報告された。
 日本WPAでは、印刷物の製作時に排出する二酸化炭素(CO2)を実質ゼロにするカーボンオフセット事業を2009年2月に開始。現在までに50社が参加している。
 報告会の席上、奥会長は、「これまでカーボンオフセットの採用は、IR関連の印刷物が中心であったが、近年ではカタログなどのPR用の印刷物が増加している」と、企業や団体においてもカーボンオフセットへの理解が進んでいるとの見解を示した。
 また、日本WPAの新キャッチコピー「このポスター、工程まで美しい。」をより広く認識してもらうために、会員企業を対象にビジュアル作品コンテストを実施。同コンテストには、会員企業から44点の作品が寄せられ、厳正な審査の結果、最優秀作品賞に上田星華氏(イシイ(株))の作品が選ばれた。
 このほか、来年開催される大阪・関西万博における「TEAM EXPO 2025」プログラム・共創チャレンジに「チーム水なし印刷」として登録したことを報告。チャレンジ名は、「カーボンオフセット付水なし印刷で脱炭素社会の実現を!」とし、今後は関西エリアの会員企業に参加を呼びかけていく。

特集
印刷とサステナブル 2024
印刷とサステナブル 2024

印刷業界における持続可能な社会の実現に向けた取り組みにフォーカス。
(2024年4月25日)

drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

page2024特集
page2024特集

「page2024」の事前情報を配信。開催テーマは「連携」。
(2024年1月22日〜)

2024年 ここに注目!
2024年 ここに注目!

独自戦略でアフターコロナ時代を躍進する企業、新製品、注目技術を紹介。
(2024年1月1日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal