PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > 誠伸商事、包装梱包-発送業務のDX化を支援する「D-Pos」発表

製品・サービス

誠伸商事、包装梱包-発送業務のDX化を支援する「D-Pos」発表

2024年3月21日
「D-Pos」の特徴
福田 社長

 誠伸商事(株)(本社/東京都大田区、福田和也社長)は3月19日、同本社において記者会見を開催し、4月1日より包装梱包-発送の最適化ソリューション「D-Pos(ディーポス)」の提供を開始することを発表した。
 今回、発表された「D-Pos」は、包装梱包現場の入出庫・在庫管理や発送業務における送り状と製品の照合など、これまでアナログ管理で行ってきた作業を、ハンディーターミナルで予定データを読み込み、バーコードを軸にして入庫や入荷の確認を確実する包装梱包-発送の最適化ソリューション。作業データは、CSVデータとしてエクセルや基幹システムとの連携が可能。これによりアナログで管理していた包装梱包現場の作業をデジタル化し、入出庫のミスや在庫確認の作業負担を大幅に削減することができる。
 会見の席上、福田社長は「D-Posは、パッケージ商品ではなく、顧客ごとに異なる課題を抽出し、その改善策を提案するもの。今後は、D-Posで包装梱包現場のDX化を支援していきたい」と述べた。
 また、会見では、同社の経営管理システム「印刷管太郎」が「D-Pos」と連携することで用紙受発注と在庫管理機能を実装できることや、「印刷管太郎」と各印刷機メーカーと連携することで印刷稼働データを自動取得できる機能なども発表された。

特集
印刷とサステナブル 2024
印刷とサステナブル 2024

印刷業界における持続可能な社会の実現に向けた取り組みにフォーカス。
(2024年4月25日)

drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

page2024特集
page2024特集

「page2024」の事前情報を配信。開催テーマは「連携」。
(2024年1月22日〜)

2024年 ここに注目!
2024年 ここに注目!

独自戦略でアフターコロナ時代を躍進する企業、新製品、注目技術を紹介。
(2024年1月1日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal