PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > SANYO-CYP、透明インキや機能性塗布剤の膜厚管理装置を販売

製品・サービス

SANYO-CYP、透明インキや機能性塗布剤の膜厚管理装置を販売

2017年3月15日
膜厚管理装置「SY100」

 (株)SANYO-CYP(本社/大阪市中央区)は、ニスなどの透明インキや機能性塗布剤などの膜厚管理が可能となる膜厚管理装置「SY100」の本格販売を開始した。
 同装置は、透明インキの膜厚とセンサーが受光した電圧値に相関関係があることに着目し、膜厚値を測定するのではなく、印刷物が基準の膜厚で印刷されているかを管理する装置として開発されたもの。具体的には、あらかじめ印刷に使用する用紙と透明インキで限度見本を印刷し、「SY100」にて測定をして基準となる電圧値を作成する。基準作成後は実際の印刷作業中に「SY100」で測定し、表示される電圧値が基準値内に収まっているか確認を行い、透明インキの膜厚を管理する。
 「SY100」は測定結果を表示する本体とセンサー部分となるプルーブで構成される。プルーブは印刷する用紙によって白紙用センサー、蒸着紙用センサー、透過用センサーを用意している。

ニュースランキング
特集
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

デジタル印刷 × パッケージ 2017
デジタル印刷 × パッケージ 2017

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2017年11月25日号)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp