PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 大手の動き > 凸版印刷、質感を精確に記録するデジタルアーカイブ技術開発

大手の動き

凸版印刷、質感を精確に記録するデジタルアーカイブ技術開発

2018年1月10日

 凸版印刷(株)(金子眞吾社長)は、光沢や表面の凹凸、色調など、照明環境や観察方向によって見え方が異なる素材の質感を精確に記録するデジタルアーカイブ技術を開発した。これにより、これまで困難とされてきた文化財特有の質感をVR上でより忠実に再現することが可能になる。
 同技術は、東京国立博物館東洋館内にあるVR作品の上演施設「TNM&TOPPANミュージアムシアター」において1月4日から公開されるVR作品「風神雷神図のウラ〜夏」の製作に活用されており、同館の所蔵品の中でも名品と名高い2作品、重要文化財「風神雷神図屛風」および「夏秋草図屛風」の再現に挑戦している。
 人が視覚によって対象の質感を知る手がかりとなる陰影や光沢は、照明環境や観察の位置によって変化する。文化財の質感記録撮影時には、照明装置を移動させながら対象となる文化財に照明をあて、その反射光を高解像度カメラで連続的に撮影することにより、あらゆる方向からの入射光に対する反射光の変化を余さず取得する。
 撮影画像から文化財表面の光反射特性を「光沢」、「色」、「微細凹凸」といった質感の要素に分解することで、照明環境や観察方向に依存しない文化財そのものの質感データとして精確にデジタルアーカイブできる。質感データを活用することで、同一の材質であっても微細な質感の違いを正しく再現することが可能となった。

ニュースランキング
特集
検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

デジタル印刷 × パッケージ 2017
デジタル印刷 × パッケージ 2017

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2017年11月25日号)

【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp