PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 主要 > 日印産連、大日本印刷と凸版印刷がGP認定を取得

主要

日印産連、大日本印刷と凸版印刷がGP認定を取得

2019年12月11日
小野 常務

 (一社)日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は、企業単位によるグリーンプリンティング認定制度を創設し、11月7日開催の第56回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、大日本印刷(株)と凸版印刷(株)を初認定した。12月10日には、日本印刷会館において、記者会見が行われ、新認定制度の概要などが発表された。
 日印産連は、平成18年に地球環境への負荷低減をめざして印刷業界の環境配慮自主基準を制定、その自主基準をクリアした場合、工場・事業所単位でGP工場を認定してきた。今回の大日本印刷と凸版印刷のGP工場認定は、SDGsの実現を考慮し、業界全体のサプライチェーンを推進するため、世界的な環境基準をクリアしている工場を多く持つ大手印刷会社に対し、企業単位でGP認定をできるようにしたもの。審査については、GP認定制度が求める要件について、CSR報告書等による書類審査並びに現地審査を行い、GP認定委員会において認定する。さらにCSR報告書等の各種数値の妥当性について、監査法人による第三者審査を受け、保証されていることが要件となる。また、申請企業は、認定範囲の工場・事業所を任意に申請することができる。今回、大日本印刷は7事業所、凸版印刷は4事業所で「総合部門」として認定を取得している。
 会見の席上、日印産連の小野隆弘常務理事は「大手印刷会社がGP認定を取得したことで、印刷業界が環境に配慮した活動を行っていることを今まで以上に広く発信できる。これを契機にGP認定制度のさらなる認知普及を図っていきたい」と述べた。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal