PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > ミヤコシ、軟包装用間欠オフセット印刷機「VAR18」の実演を披露

イベント

ミヤコシ、軟包装用間欠オフセット印刷機「VAR18」の実演を披露

2018年2月22日
「VAR18」では2つの印刷デモを敢行
宮腰社長(左)と入交社長

 (株)ミヤコシ(宮腰亨社長)は、2月20・21日の2日間、宮腰精機(株)国見工場(秋田県大仙市)において、オープンハウスを開催し、このほど四国化工(株)(入交正之社長)への納入が決定した軟包装用間欠式オフセット印刷機「VAR18」をはじめとする最新機種の印刷実演を披露した。
 公開された「VAR18」は、ミヤコシ独自の間欠搬送システムを採用した、完全シリンダー交換不要の軟包装用間欠オフセット印刷機。最高印刷速度は、200shot/分で、最先端のLED-UV乾燥システムを搭載している。
 2月21日には、入交社長と宮腰社長出席のもと記者会見が行われ、その席上、宮腰社長は、「小ロットの軟包装をオフセット印刷で」が開発コンセプトであったことを明らかにした上で「今回、シール・ラベルやビジネスフォーム印刷で培ってきた間欠機構技術を活用することで、正式リリースすることができた」と開発経緯について説明した。
 また、入交社長は「多品種小ロットの軟包装印刷でもオペレータの作業負荷がないこと。そして臭気などによるオペレータの健康問題を改善できることを評価した」と、「VAR18」を導入した理由を語った。
 なお、「VAR18」は、今年3月に納入される。

ニュースランキング
特集
検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

デジタル印刷 × パッケージ 2017
デジタル印刷 × パッケージ 2017

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2017年11月25日号)

【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp