PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > モリサワ会、「源氏物語」研究の権威・中央大学 池田教授が講演

イベント

モリサワ会、「源氏物語」研究の権威・中央大学 池田教授が講演

2017年12月1日
「光源氏の色好み」と題して講演

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)のユーザーで構成するモリサワ会(浅野健会長)の秋期研修会が11月30日、東京・千代田区のホテルグランドパレスで開催され、およそ100名が参加した。
 モリサワでは2018年に続き、2年連続で2019年も「源氏物語」をテーマにしたカレンダーを企画・制作し、今回はこの源氏物語を絵画化し、文章を抄録、書写した詞書とともに編んだ貴重な国宝「源氏物語絵巻」を掲載している。
 今回の研修会では、この源氏物語研究の権威である中央大学の池田和臣教授を講師に招き、「光源氏の色好み-付 国宝源氏物語絵巻詞書-」と題して講演が行われた。
 池田教授は、古代英雄に見られる「色好み」という属性を中心に話を進め、物語に出てくる15人の女性と光源氏の恋愛関係を事細かに解説。「源氏物語とは、天皇の子に生まれ、天皇になる器をもちながら、左大臣と右大臣の権力闘争を避けるために、天皇家から臣籍降下された光源氏が、秘められた形で天皇の父になる、つまり性事によって実質的に天皇と同じ政治権力を手に入れる物語であり、単なる恋愛物語ではない」と結論づけた。
 一方、国宝源氏物語絵巻詞書の解説では、書風として5種類の筆跡があり、なかでも第1類に属する筆跡が最も優美で流麗な平安時代風の仮名であることを示した上で、「モリサワカレンダーには五島美術館が所蔵する『鈴虫』(1〜6月)『夕霧』(7〜8月)『御法』(9〜12月)の三帖を掲載しているが、これらはすべて第1類の筆跡。筆線や字形の美しさとともに、散らし書きや重ね書きの素晴らしさを味わって欲しい」と訴えた。

ニュースランキング
特集
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

デジタル加飾特集 2017
デジタル加飾特集 2017

スポットニスや特殊抜き加工などによる触覚的表現やデジタル箔による視覚的表現で、印刷物の高付加価値化を実現する「デジタル加飾」を特集
(2017年6月15日)

製本・後加工 2017
製本・後加工 2017

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2017年3月5日)

page2017特集
page2017特集

「page2017」の事前情報を配信。開催テーマは「ビジネスを創る〜市場の創出〜」
(2017年2月5日)

デジタル印刷 × パッケージ
デジタル印刷 × パッケージ

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2016年11月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp