PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 環境 > 日印産連、環境省発行のガイドラインがGP認定工場への発注を例示

環境

日印産連、環境省発行のガイドラインがGP認定工場への発注を例示

2013年5月9日

 (社)日本印刷産業連合会(足立直樹会長)が展開している印刷産業界の環境に配慮した印刷総合認定制度「グリーンプリンティング(GP)認定制度」が、このほど環境省「プレミアム基準策定ガイドライン」に取り上げられた。
 このガイドラインは、環境省・環境経済課(グリーン購入担当)が平成25年3月に発行したもので、国等の機関が現行のグリーン購入法の基準(特定の調達品目に係わる判断基準)にとどまらず、より高い環境性能に基づく基準(プレミアム基準)を設定することを目指し、国等の調達担当者に対し、参考となる基準の考え方及びその方法をとりまとめたもの。
 同ガイドラインでは、プレミアム基準の設定方法として(1)現行の判断基準の強化(2)新たな評価軸の追加(3)自己適合宣言の強化又は第三者等による物品等の認証・確認(4)他の環境施策との連携による相乗効果を例示し、特に(3)の第三者等による認証では、エコマーク、森林認証制度に並びGP認定制度が取り上げられている。また分野別のプレミアム基準設定例では、役務の設定例として、選定する事業者の環境配慮への取り組みを評価することが大切であるとし、「印刷」の基準の設定に当たり考慮すべき事項として「グリーンプリンティング認定制度の認定工場(事業所)であること」と明記されている。
 今後、平成25年度以降の国、地方自治体、民間等の印刷発注については、同基準設定例を参考に行われることが予想されるとともに、将来(2〜5年程度)のグリーン購入法への基準化が見込まれることから、GP認定工場の社会的役割の高まりが期待される。

ニュースランキング
特集
「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

新たな付加価値を彩る「加飾技術」
新たな付加価値を彩る「加飾技術」

スポットニス加工や特殊抜き加工による視覚的・触覚的な表現手法で、印刷物の付加価値を高める「加飾技術」を特集
(2019年7月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2019
印刷会社の印刷通販サービス活用 2019

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2019年6月5日)

働き方改革特集2019
働き方改革特集2019

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2019年5月15日)

省電力UV印刷特集
省電力UV印刷特集

導入が進む省電力UV印刷システムの最新動向を特集
(2019年4月25日)

ダイレクトメール特集 2019
ダイレクトメール特集 2019

DM制作関連市場は1,214億円 〜 ハイクオリティなDM手法も現実化
(2019年4月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal