PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 環境 > 日印産連、GPマーク表示印刷製品が2億4,000万部突破

環境

日印産連、GPマーク表示印刷製品が2億4,000万部突破

2013年2月28日

 (社)日本印刷産業連合会(足立直樹会長)が実施するグリーンプリンティング認定制度のうち、グリーンプリンティング(GP)マークを表示した印刷製品の総数が平成18年の制度スタート以来、累計で2億4,000万部に達した。

 GPマークは、同連合会が定める環境基準を達成したグリーンプリンティング認定に工場が印刷する製品の環境ラベルとして、平成18年のGP認定事業の創設以来、各種印刷製品に表示されてきた。今回の集計データによるとオフセット印刷製品へのGPマーク表示件数は8125件、印刷部数は2億4,177万部。スター数別の割合(件数)では、環境配慮の度合いが1番高いスリースターが10%、ツースターが43%、ワンスターが47%という結果となった。
 GPマーク印刷製品表示制度は、GP認定工場が製造し、紙、インキ等の印刷資材がグリーン基準に適合していることが条件となっており、従来の印刷製品に対する環境ラベルと比較して、環境配慮のレベルがより高い表示制度。GP認定工場が責任をもって表示し、半期に1度、グリーンプリンティング認定事務局に表示件数、表示部数を報告する仕組みになっている。
同制度は、表示された認定番号から製造工場が特定できる高いトレーサビリティに加え、使用料が不要ですぐ表示できる点、さらに表示基準がきわめて明確であることなど印刷発注者の様々な要望に応えられる総合的な環境配慮マーク制度として環境報告書、CSRレポートをはじめ、官公庁の発行物、パンフレット、カタログ等の商業印刷物、各地域のフリーペーパー等幅広く利用されている。

ニュースランキング
特集
働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

製本・後加工 2020
製本・後加工 2020

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介(2020年3月5日)
(20203月5日)

SDGsで持続可能な世界の実現へ
SDGsで持続可能な世界の実現へ

[2020新春特別企画]SDGsで持続可能な世界の実現へ
(2020年1月1日)

インクジェット特集 2019
インクジェット特集 2019

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2019年9月15日)

「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal