PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 亜細亜印刷、32ページ折丁を主体とした無線綴じ製本ライン構築

企業・経営

亜細亜印刷、32ページ折丁を主体とした無線綴じ製本ライン構築

2023年7月28日
「アレグロ」無線綴じ製本ライン
スタールフォルダーKH82/4KTL-PFH EOU

 亜細亜印刷(株)(本社/長野県長野市、藤森英夫社長)は、このほどミューラー・マルティニ製の全自動無線綴じ機「アレグロ」およびハイデルベルグ社製の折機「スタールフォルダーKH82/4KTL-PFH EOU」を導入し、今年6月より製本加工の内製化を開始。7月24日には、ミューラー・マルティニジャパン社およびハイデルベルグ・ジャパン社との共同会見を開催した。
 亜細亜印刷では、これまで製本加工を委託していた協力工場の廃業を受け、製本工程の内製化を決断。同社では、多品種小ロットの学術系の専門書籍などが多いことから、正確なプリセット精度を誇る「モーションコントロール技術」を全面採用した「アレグロ」を導入した。
 同社が導入した「アレグロ」は、丁合機12鞍、ブックブロックフィーダー、三方断裁機で構成する無線綴じ製本ライン。導入にあたり同社では、「コンパクトな製本ラインの構築」「省人化の実現」「厚みのある製本加工への対応」を挙げていた。
 とくにコンパクトな製本ラインの構築については、通常16ページ折丁24鞍で生産する384ページの製本を32ページ折丁を使用することで丁合機の台数を12鞍に半減。これによりライン長の大幅削減と省人化を実現している。
 この32ページ折丁については「スタールフォルダーKH82/4KTL-PFH EOU」が担っている。

特集
drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

page2024特集
page2024特集

「page2024」の事前情報を配信。開催テーマは「連携」。
(2024年1月22日〜)

2024年 ここに注目!
2024年 ここに注目!

独自戦略でアフターコロナ時代を躍進する企業、新製品、注目技術を紹介。
(2024年1月1日)

ダイレクトメール特集 2023秋
ダイレクトメール特集 2023秋

成長市場を追う─DMを新たな事業領域に。
(2023年12月15日)

印刷会社の創注
印刷会社の創注

「注文が来ないなら、創り出さなくてはいけない」というストレートなテーマ「創注」にフォーカス。
(2023年11月25日)

インクジェット特集2023
インクジェット特集2023

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2023年9月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal