PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > セキ、Hohner中綴じ機「HSB9000」11鞍の世界初仕様機導入

企業・経営

セキ、Hohner中綴じ機「HSB9000」11鞍の世界初仕様機導入

2019年10月8日
HSB9000を起動する関社長
左から、FFGS 辻社長、セキ 関社長、Hohner社 ピーター ショエルホーンCEO、FFGS 柳川尚常務執行役員
Hohner社の中型中綴じ機「HSB9000」

 セキ(株)(本社/愛媛県松山市湊町、関宏孝社長)はこのほど、伊予工場(愛媛県伊予市下三谷)内に富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)が日本国内で独占販売するHohner社製中綴じ機「HSB9000」を導入。10月8日、その起動式が開かれた。
 今回、セキが導入した中綴じ機は、縦積み・平積みフィーダーが混在した11鞍接続で、その前後に手投入装置を搭載した世界初仕様のカスタマイズ機だ。関社長は「当社の設備投資の判断基準は、その機械に『イノベーションがあるか否か』である」と述べた上で、Hohner機が採用する縦積みフィーダーや搬送機構などの革新性をともなった開発思想を高く評価。導入効果については、「チョコ停の減少」と「鞍掛人員の削減」を挙げ、とくに生産性においては50%程度の向上を目指す考えを示した。「現在当社の最大ミッションは生産性の向上である。今回の導入機は、その原動力になる」(関社長)
 起動式に出席したFFGS・辻社長は、「Hohner機は、素早いセット替えとスキルレスが高く評価され、欧米を中心に600台以上の納入実績を誇り、日本国内でも多くの引き合いをいただいている。この特徴は、セキ様が目指す生産性向上、省力化、多能工化に大きく貢献するものと確信している」と語った。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal