PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 2018年紙・板紙内需、0.9%減で8年連続のマイナス成長を予測

企業・経営

2018年紙・板紙内需、0.9%減で8年連続のマイナス成長を予測

2018年1月25日

 日本製紙連合会が発表した「2018(平成30)年紙・板紙内需試算報告」によると、2018年の紙・板紙の内需は、グラフィック系が減少するも、衛生、板紙/包装・産業用紙は堅調に推移すると予想。ただし、グラフィック系の減少が大きいため、紙・板紙全体の内需量は2638万トン、前年比0.9%減で、8年連続のマイナス成長を予測している。
 印刷・情報用紙の内需は、2006年をピークに縮小を続けており、2010年には1,000万トンを割り込んだ。2017年も電子化の進行などにより減少基調が続き、印刷・情報用紙全体では11年連続の減少となった。
 2018年も電子化や出版向けの不振などにより減少継続を予想。印刷・情報用紙の内需量は821万トン、前年比2.9%減、約25万トンの減少となり、12年連続のマイナス成長を見込んでいる(非塗工印刷用紙3.5%減、塗工印刷用紙3.0%減、情報用紙2.0%減)。
 その他の品種では、新聞用紙が4.2%減、包装用紙が0.1%減、衛生用紙が1.0%増、段ボール原紙が1.2%増、紙器用板紙が0.6%減を見込んでいる。

ニュースランキング
特集
IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

デジタル印刷 × パッケージ 2017
デジタル印刷 × パッケージ 2017

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2017年11月25日号)

【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp