PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 信用情報 > 土山印刷(京都)ほか1社、民事再生法申請-負債2社で28億4,200万円

信用情報

土山印刷(京都)ほか1社、民事再生法申請-負債2社で28億4,200万円

2022年4月25日

 土山印刷(株)(京都市南区吉祥院向田東町14、設立1953年10月、資本金3,000万円)と、グループ会社の(株)オカムラ(福知山市字堀小字下高田2395-1、設立1952年8月、資本金1,000万円)は4月25日、京都地裁へ民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。負債は土山印刷が約27億4,300万円(2021年12月期決算時点)、オカムラが約9,900万円(2021年8月期決算時点)で、2社合計約28億4,200万円。
 土山印刷は1911年3月創業の老舗企業。チラシやカタログ等のオフセット印刷を主業務としていた。近年はデジタル化による紙媒体の需要縮小を受け、IT化にも注力。企業のホームページ制作、営業支援のシステム開発も手掛けるなど新規事業にも注力していた。
 地元京都のほか大阪や東京でも積極的に営業を行い、上場企業を中心に受注基盤を構築し、1998年1月期には売上高35億9,039万円を計上した。しかし、その後はデジタル化の進展で売上は徐々に低下。2016年12月期には主力得意先との取引縮小もあって売上高17億325万円に減少し、1,920万円の赤字となった。
 2018年12月期には売上高が一時的に20億円台に回復したものの、その後は再び減収で推移。過去よりたびたび赤字を計上していたことに加え、設備投資も負担となり、借入金に依存した資金繰りが続いていた。
 こうした中、新型コロナウイルス感染拡大により、イベント集客にともなう販促チラシの受注が減少。2020年12月期は売上高16億1,244万円まで落ち込み、1億5,867万円の赤字を計上した。その後も厳しい業況が続き、長引くコロナ禍もあって自力による経営の立て直しは困難との判断から今回の措置となった。
 オカムラもグループ企業として印刷業を手掛けていたが、土山印刷に連鎖した。なお、スポンサー候補として(株)ウエマツ(東京都豊島区)が名乗りをあげている。

ニュースランキング
特集
デジタル印刷特集 2022
デジタル印刷特集 2022

DX推進に欠かせないデジタル印刷技術、「アフターコロナ時代のデジタル印刷ソリューション」を紹介。
(2022年3月25日)

製本・後加工 2022
製本・後加工 2022

製本・後加工会社の先進的な取り組みや事例、メーカーのソリューションなどを紹介
(2021年3月5日)

印刷業の「脱炭素経営」
印刷業の「脱炭素経営」

印刷業界の脱炭素経営への取り組みを紹介。
(2021年12月5日)

印刷通販事業による企業戦略
印刷通販事業による企業戦略

印刷通販ビジネスを展開する企業の経営戦略を考察。
(2021年11月15日)

インクジェット特集 2021
インクジェット特集 2021

進化するインクジェット技術とビジネスモデル
(2021年9月25日)

[シリーズ]販促アイテム・ツール
[シリーズ]販促アイテム・ツール

印刷物の付加価値を向上させ、新たな市場を創出する販促アイテム・ツール
(2021年9月〜)

アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…
アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…

企業存続に向けた「ニューノーマル時代」の経営戦略立ち上げが急務に。
(2021年7月25日)

印刷DX 2021
印刷DX 2021

コロナ禍がもたらした「ニューノーマル」の世界における「印刷企業のDX戦略」に迫る。
(2021年6月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal