PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 信用情報 > 太田インキ製造(東京)、再度の資金ショート-負債2億円

信用情報

太田インキ製造(東京)、再度の資金ショート-負債2億円

2019年10月30日

 太田インキ製造(株)(東京都荒川区西日暮里2-52-2、設立1950年3月、資本金1,225万円)は再度の資金ショートを起こし、10月4日、行き詰まりを表面化した。主要事業および一般取引先への債権債務は別会社に移管しており、金融債務や公租公課など残債の債務整理を予定している。負債総額は、金融債務と公租公課などで約2億円が見込まれる。
 同社は1939年4月に創業。ダンボール用のインクの製造をメインとするほか、印刷資材の販売も手掛けていた。埼玉県内に生産拠点を有し、長年の業歴を背景に大手インクメーカーなどに営業基盤を持ち、ピーク時の1993年3月期は売上高約11億円をあげていた。しかし、近年は紙媒体の需要減に伴う印刷業界全体の不振や製造コストの上昇などから、売上、利益ともに低迷。2019年3月期の売上高は約3億8,000万円にまで減少し、赤字決算も続いていた。
 金融債務も重く、返済のリスケジュールなどで凌いできたが、公租公課の未払いも発生。資金繰りも限界に達した。
(東京商工リサーチ調べ)

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal