PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 信用情報 > 三幸堂など2社(新潟)、民事再生法の適用を申請 負債合計33億円

信用情報

三幸堂など2社(新潟)、民事再生法の適用を申請 負債合計33億円

2011年8月30日

 (株)三幸堂(資本金9,000万円、新潟市東区津島屋7-30、代表角田幸市氏、従業員90名)は、8月30日に新潟地裁へ民事再生法の適用を申請した。
 同社は、1949年6月創業、1952年7月に法人改組された印刷業者。積極的に設備投資を行い事業を展開し、新聞に挟み込む広告チラシを中心に、パンフレット類、帳票類、小冊子、情報誌を主力に、WEBデザインコンテンツや各種データベースの構築も手がけ、2005年6月期には年売上高約35億7,600万円を計上していた。
 しかし、2008年のリーマン・ショック以降、企業の広告費削減が顕著になるなど市況が低迷したことから売上は落ち込み、2010年6月期の年売上高は約21億5,000万円に減少、損益面でも受注価格の低下や不採算受注の請負などによって連続で大幅な赤字を計上し、債務超過に陥るなど経営環境は悪化していた。2009年7月からは中小企業再生協議会で再生協議が行われ、翌2010年7月には取引金融機関との間で再生の合意がなされ借入返済のリスケジュールなどの支援を受けてきたが、東日本大震災の影響によるチラシ類や商業印刷の受注の激減など業況は悪化、今月の資金繰りのメドがつかなくなったため今回の措置に至った。
 なお、関連会社の(株)カクサン(資本金2,000万円、新潟市中央区白山浦1-618、代表角田幸市氏、従業員1名、印刷用資材卸)も同日同地裁に民事再生法の適用を申請している。
 負債は、(株)三幸堂が約30億円、(株)カクサンが約3億円。
(帝国データバンク調べ)

ニュースランキング
特集
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

デジタル印刷 × パッケージ 2017
デジタル印刷 × パッケージ 2017

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2017年11月25日号)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp