PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > 緑屋紙工、角型ガゼット貼り封筒の取り扱い開始

製品・サービス

緑屋紙工、角型ガゼット貼り封筒の取り扱い開始

2019年12月2日
角2、A4サイズ、窓付きを既製品として用意

 緑屋紙工(株)(本社/大阪市平野区、薮野浩明社長)は、ガゼット貼り封筒の取り扱いを開始した。ガゼット貼り封筒では希少な角2、A4サイズ、また窓付きにも対応することで差別化を図っている。
 ガゼット貼り封筒とは、厚みのある内容物もすっぽりと収まるように側面に「マチ」のある封筒のこと。同社のガゼット貼り封筒は角底袋にもなるため、厚めの資料や冊子、物品などもきれいに封入でき、定形外郵便(規格内)、クロネコDM便、ネコポスなどで発送できる。
 また、窓付き封筒の窓の部分をPET素材にすることで、オンデマンド印刷による後刷りにも対応する。既製品としては角2、A4サイズ、マチ幅20mmの窓付きを用意しているが、封筒幅を狭めることでマチ幅を厚くすることや、窓の位置やサイズを変更するなど別注にも対応する。既製品の価格は約35円/枚で、100枚以上からの販売を予定している。さらに、別途で紙の緩衝材も用意している。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal