PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 大手の動き > 凸版印刷、多言語AIサイネージを東北4県のターミナル駅に提供

大手の動き

凸版印刷、多言語AIサイネージを東北4県のターミナル駅に提供

2021年3月31日
「BotFriends Vision」のイメージ

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)は、東日本旅客鉄道(株)(以下「JR東日本」)が東北6県で初めて合同で行う広域デスティネーションキャンペーンにおいて、仙台駅・盛岡駅・秋田駅・新青森駅の4駅に多言語AIサイネージ「BotFriends Vision」と遠隔接客機能を追加した「BotFriends Vision+」を4月1日から提供する。
 よくある質問に対しては、多言語AIチャットボットによる自動応答で無人化。AIによる自動応答でカバーすることが難しい複数の話題にわたる質問やイベント開催などと連動させた案内に対しては遠隔地からネットワークを介して有人による案内を行うなど、AIと人がコラボレーションしたハイブリッド接客が可能で、標準機能では凸版印刷オリジナルバーチャルキャラクターである「小石川彩」が質問に回答。今回の取り組みでは、JR東日本向けに制作したオリジナルキャラクター「陸奥めぐ」が案内を行う。
 なお、音声認識による方言の認識精度の検証も同取り組みにおいて実施する予定。

ニュースランキング
特集
検査システムによる品質管理と標準化
検査システムによる品質管理と標準化

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す(2021年3月15日)
(2021年3月15日)

[シリーズ]印刷通販サービス
[シリーズ]印刷通販サービス

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」としてシリーズで紹介。
(2021年2月5日〜)

製本・後加工 2021
製本・後加工 2021

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2021年3月5日)

Withコロナ時代のCSR
Withコロナ時代のCSR

全印工連CSR認定企業に見る「印刷業界のCSR活動のあり方」を取材
(2021年2月25日号)

リコージャパン、新たな価値提供へ〜「KICK START」展開
リコージャパン、新たな価値提供へ〜「KICK START」展開

コンセプトは「印刷会社×リコージャパン」|「KICK START」について小松紀之氏に聞く
(2021年1月1日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal