PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > アイワード、ハイデルベルグ サブスクリプションを導入

企業・経営

アイワード、ハイデルベルグ サブスクリプションを導入

2022年6月23日
右から奥山社長、バウアー社長、大沢副社長
スピードマスターXL106-4-P カットスター付

 (株)アイワード(本社/北海道札幌市、奥山敏康社長)は6月22日、同社・石狩工場において、ハイデルベルグ サブスクリプション導入会見を開催した。
 アイワードは昨年9月、ハイデルベルグ・ジャパン(株)と国内4社目となるサブスクリプション契約を締結。今年3月には、反転機構付のスピードマスターXL106-4-Pを設置し、ハイデルベルグ サブスクリプション契約がスタートした。
 会見には、アイワードから奥山社長と大沢眞津子副社長、そしてハイデルベルグ・ジャパンのヨルグ・バウアー社長らが出席。会見の席上、挨拶した奥山社長は、「ハイデルベルグ サブスクリプションは、単に印刷機を導入するだけでなくハイデルベルグ・ジャパンからシステムの最適な運用法を60回にわたり学ぶことができる。当社では、ハイデルベルグ サブスクリプション導入を枚葉印刷部を中心に会社全体の潜在能力を最大に発揮させるプロジェクトと位置付けている」と導入した狙いについて説明した上で、今後は、印刷の前後工程を含めた作業工程の削減、設備の有効活用を推し進め、印刷機のOEE向上を図っていく考えを明らかにした。
 ハイデルベルグ サブスクリプションは、従来のようにユーザーが機械に投資するのではなく、導入した機械に対して月額の固定費と印刷した用紙枚数の代価を支払うという新しいビジネスモデル。提供プログラムには、印刷機だけでなく保守サービスやワークフロー、サービスパーツ、紙を除くすべての最適な印刷必需品、継続的なオペレータのトレーニングが含まれており、契約期間は5年間。
 アイワードは、ハイデルベルグ サブスクリプションで既設2台の印刷機を撤去し、新たにスピードマスターXL106-4-P カットスター付を設置し、稼働を開始している。

ニュースランキング
特集
デジタル印刷特集 2022
デジタル印刷特集 2022

DX推進に欠かせないデジタル印刷技術、「アフターコロナ時代のデジタル印刷ソリューション」を紹介。
(2022年3月25日)

製本・後加工 2022
製本・後加工 2022

製本・後加工会社の先進的な取り組みや事例、メーカーのソリューションなどを紹介
(2021年3月5日)

印刷業の「脱炭素経営」
印刷業の「脱炭素経営」

印刷業界の脱炭素経営への取り組みを紹介。
(2021年12月5日)

印刷通販事業による企業戦略
印刷通販事業による企業戦略

印刷通販ビジネスを展開する企業の経営戦略を考察。
(2021年11月15日)

インクジェット特集 2021
インクジェット特集 2021

進化するインクジェット技術とビジネスモデル
(2021年9月25日)

[シリーズ]販促アイテム・ツール
[シリーズ]販促アイテム・ツール

印刷物の付加価値を向上させ、新たな市場を創出する販促アイテム・ツール
(2021年9月〜)

アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…
アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…

企業存続に向けた「ニューノーマル時代」の経営戦略立ち上げが急務に。
(2021年7月25日)

印刷DX 2021
印刷DX 2021

コロナ禍がもたらした「ニューノーマル」の世界における「印刷企業のDX戦略」に迫る。
(2021年6月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal