PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > ミマキ、3Dプリンタによる上田城跡地形の模型を上田市に寄贈

企業・経営

ミマキ、3Dプリンタによる上田城跡地形の模型を上田市に寄贈

2019年8月19日
上田城跡地形全体

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、地元地域である長野県上田市と連携して上田城跡地形/南櫓の3Dデータ作成を行い、同社製3Dプリンタで出力した造形物を同市に寄贈する。
 今回の寄贈は、造形物及び同企画を通じて上田城の認知度向上を図り、上田城櫓復元の一助とすることが狙い。上田市では、明治維新後に取り払われた櫓の復元を計画しており、不足している資料、情報提供を広く呼びかけている。これを受け、同社では3Dプリンタで造形した上田城跡地形(1/378スケール)と南櫓(1/55スケール)の模型を同市に寄贈する。模型は、今後市役所で展示され一般開放されるほか、イベントでの展示や教育機関で活用される予定。
 使用される3Dプリンタは「3DUJ-553」。UV硬化インクによる積層方式を採用しており、1,000万を超える色再現性を誇るフルカラー3Dプリンタで、精巧な造形力により、上田城櫓の瓦や石垣など、細やかなテクスチャも忠実に再現している。また、クリアインクを搭載しているため、水堀などの透明表現も可能だ。
 今回の事例をきっかけに、同社では社会貢献活動の一環として「ミマキ文化遺産3Dプリントプロジェクト」を開始。歴史ある文化遺産と最新の3Dプリント技術を融合させ、地域活性化に貢献していく考え。

ニュースランキング
特集
「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

新たな付加価値を彩る「加飾技術」
新たな付加価値を彩る「加飾技術」

スポットニス加工や特殊抜き加工による視覚的・触覚的な表現手法で、印刷物の付加価値を高める「加飾技術」を特集
(2019年7月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2019
印刷会社の印刷通販サービス活用 2019

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2019年6月5日)

働き方改革特集2019
働き方改革特集2019

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2019年5月15日)

省電力UV印刷特集
省電力UV印刷特集

導入が進む省電力UV印刷システムの最新動向を特集
(2019年4月25日)

ダイレクトメール特集 2019
ダイレクトメール特集 2019

DM制作関連市場は1,214億円 〜 ハイクオリティなDM手法も現実化
(2019年4月25日)

デジタル印刷特集 2019
デジタル印刷特集 2019

デジタル印刷活用による利益創出戦略を追う。
(2019年3月25日)

検査関連機器特集 2019
検査関連機器特集 2019

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2019年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal