PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > MAKE.JET、可食インクで直接印刷できるフードプリンタ発売

製品・サービス

MAKE.JET、可食インクで直接印刷できるフードプリンタ発売

2020年7月6日
印刷サンプル
フレキシブルベース筐体

 (株)MAKE.JET(東京都千代田区)は、7月13日からフードプリンタ「MAKE.JET FL200」の販売を開始する。
 「MAKE.JET FL200」は、インクジェット方式(サーマルヘッド)のフードプリンタで、様々な食べ物や飲み物に可食インクで直接印刷することができる。最大A4サイズまで印刷可能。高さは最大24.5cmまで調整できるので焼き菓子類のほか、0.01mmの薄いオブラートから大ジョッキビールの泡の上まで1台で印刷することができる。
 可食インクは、食品衛生法で許可されている食品添加物のみを原料として食品添加物製造業の許可を受けた工場で製品化されたものを採用。また、ヘッド一体式のインクカートリッジのため、インクの目詰まりや吐出トラブル時においても、新しいカートリッジに取り換えるだけなので安心して使用できる。重量は、わずか6.3kgなので女性でも持ち運びが容易なほか、各種イベントに持ち運んでの使用もできる。
 操作性については、専用のアンドロイドアプリをインストールすることで、スマートフォンやタブレットで直感的な操作が可能。なお、同社では、同商品のEC販売をコンパクトフードプリンタ専門店で7月6日から先行予約を開始している。

ニュースランキング
特集
抗菌印刷 特集
抗菌印刷 特集

「Withコロナ」時代における新たな需要として、印刷業界の「衛生的な社会への貢献」として「抗菌印刷」を特集
(2020年9月15日)

after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal