PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > 鈴木紙工所、弥富市の文鳥文化に貢献する紙製栞発売

製品・サービス

鈴木紙工所、弥富市の文鳥文化に貢献する紙製栞発売

2019年4月18日
紙製栞「もちっとぶんちょう」

 紙製品の加工製造を行う(株)鈴木紙工所(愛知県弥富市、鈴木裕一社長)は、弥富市の特産である文鳥をモチーフにした紙製栞「もちっとぶんちょう」を発売する。
 金魚の特産地として知られる弥富市は、白文鳥発祥の地として文鳥養殖の長い歴史と文化もある。しかしながら近年、文鳥農家は激減し、現在は市内に2軒のみ。文鳥組合はすでに解散している。
 そんな中、隣接する愛西市の佐屋高校の学生が文鳥の繁殖プロジェクトを数年前に発足させ、農家の繁殖技術を承継しようと奮闘している。
 また、弥富市歴史民族資料館では、文鳥職員の「ぶんちゃん」が昨年5月に誕生し、その愛くるしい人懐こさから、改めて多くの文鳥ファンが弥富市に注目し、訪問するきっかけにもなっている。
 しかし一方で、弥富市には訪問者の記念となる土産品が少なく、文鳥にまつわる商品もほとんどなかった。
 そこで、地元で長年事業を営む同社が文鳥グッズとして「もちっとぶんちょう」を開発。商品開発にはSNSも活用し、文鳥ファンの声を反映。お餅のような座りポーズデザインなど4種類の仕様を決定した。「amazon」「mine」などの同社Web店舗で5月から販売を開始する。価格は1袋(2個入)800円(税込)。
 発売を記念して、5月11日に弥富市内で開催されるイベント「音フェス&文鳥マルシェ」に出店するほか、4月16日からクラウドファンディングにおいて同商品の頒布プロジェクトを実施している。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal