PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ発売

製品・サービス

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ発売

2019年3月20日
3DFF-222

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。
 同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積層)方式(フィラメント状の樹脂を熱で溶かしながらノズルから押し出し、積層することで立体物を成形する方式)で最大造形サイズがW210×D200×H195ミリのデスクトップ3Dプリンタ。形状サンプルや試作品の造形はもちろんのこと、ミマキ製フラットベッドUVプリンタと組み合わせて使用することで、多彩な提案が可能になる。
 造形したプリント治具を使うことで、1点物の治具を安価に作成できるため、プリント品質安定化と治具作成費用のコストダウンに貢献。また造形物に対してUVプリンタで加飾することで、立体的なフルカラーサインを作成できるため、アイキャッチ効果の高い屋内サインを作成できる。
 さらに、造形物を真空成形の型として活用することで、試作品の製作スピードアップとコストダウンにもつながる。
 造形用のフィラメントは、ミマキ純正PLA(Poly-Lactic Acid、ポリ乳酸)フィラメントを使用できる。PLAは、トウモロコシやジャガイモに含まれるデンプンなどを原料にした植物由来のエコプラスチックで、硬く、反りづらいという特性から治具作成などに適している。

ニュースランキング
特集
インクジェット特集 2019
インクジェット特集 2019

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
((2019年9月15日))

「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

新たな付加価値を彩る「加飾技術」
新たな付加価値を彩る「加飾技術」

スポットニス加工や特殊抜き加工による視覚的・触覚的な表現手法で、印刷物の付加価値を高める「加飾技術」を特集
(2019年7月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2019
印刷会社の印刷通販サービス活用 2019

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2019年6月5日)

働き方改革特集2019
働き方改革特集2019

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2019年5月15日)

省電力UV印刷特集
省電力UV印刷特集

導入が進む省電力UV印刷システムの最新動向を特集
(2019年4月25日)

ダイレクトメール特集 2019
ダイレクトメール特集 2019

DM制作関連市場は1,214億円 〜 ハイクオリティなDM手法も現実化
(2019年4月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal