PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 人事・移転・訃報 > 大日本印刷、故 北島義俊会長「お別れの会」に2,000名

人事・移転・訃報

大日本印刷、故 北島義俊会長「お別れの会」に2,000名

2024年6月5日
献花で故人とのお別れと冥福を祈った

 2月13日に90歳で逝去された大日本印刷(株)代表取締役会長・北島義俊氏の「お別れの会」が6月3日、東京・港区のオークラ東京において執り行われ、およそ2,000名が参列し、故人を偲んだ。
 北島氏は、1963年に同社に入社し、1979年に社長就任。社会が大きく変化して企業経営の難しさが増すなかで、印刷技術を応用・発展させる「拡印刷」を旗印に、常に新しい事業の創出につとめ、長年にわたり同社を牽引した。また、業界全体の発展にも力を尽くし、1985年に発足した日本印刷産業連合会の初代会長を務めた。
 一方、日本の出版文化への思いから丸善、図書館流通センター等をDNPグループに迎え、出版文化の底支えに注力。1886年からは出版印刷の中心拠点であった市谷地区の再開発を推進し、地域と共存する緑地や文化施設「市谷の杜 本と活字館」も新設した。
 1986年にはグラフィックデザイン専門のギャラリーを東京・銀座に設立。ルーブル美術館等と共同でアート作品や文化財の新しい鑑賞方法の開発にも取り組むなど多様な文化活動にも情熱を傾けた。
 北島義斉社長は、「故人の志を未来へとつなぎ、持続可能なより良い社会、より心豊かな暮らしの実現に向けて、新しい価値の創出に挑戦し続けていく」としている。

特集
パッケージ印刷ビジネス 2024
パッケージ印刷ビジネス 2024

パッケージ印刷の事業化に向けたソリューションや具体的な取り組み事例を紹介。
(2024年6月15日)

after drupa 2024
after drupa 2024

「drupa2024」出展企業の展示製品やソリューションについてシリーズで紹介。
(2024年6月25日〜)

AI・ロボット活用 2024
AI・ロボット活用 2024

印刷製造工程におけるAI(人工知能)およびロボット技術の活用について、その現状と可能性を探る。
(2024年6月15日)

印刷とサステナブル 2024
印刷とサステナブル 2024

印刷業界における持続可能な社会の実現に向けた取り組みにフォーカス。
(2024年4月25日)

drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal