PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 団体 > 大印工組、第4回組合員例会「組合はメリット満載!」に100名参加

団体

大印工組、第4回組合員例会「組合はメリット満載!」に100名参加

2018年3月8日
作道理事長(左)と臼田会長

 大阪府印刷工業組合(作道孝行理事長)は3月7日、太閤園において第4回組合員例会を開催。約100名が参加した。
 開催に先立ち挨拶した作道理事長は、「今までどおりのやり方では生き残れない状況の中、まずは『変化しよう』と意識を持つことが大切。組合の役割も重くなっていく中、今回は組合をどのように使えばメリットになるかをお伝えしたい」と述べ、有意義な例会になることに期待を示した。
 組織サービス委員会の山崎一彦委員長より、委員会トピックスとして生命共済制度、Adobeライセンスプログラム、ETCカード割引についての組合員メリットが紹介された後、全日本印刷工業組合連合会の臼田真人会長が組合の目的と委員会の機能について概要を説明。このあと、「組合はメリット満載!知らんと損しまっせ〜耳より情報教えます〜業界展望と大印工組の存在意義を考える〜」をテーマにパネルディスカッションを開催。浦久保康裕副理事長をコーディネーターに、作道理事長と臼田会長がパネラーを務め、組合のスケールメリットを活かした様々な事業について、実例を交えながら紹介が行われた。

特集
印刷とサステナブル 2024
印刷とサステナブル 2024

印刷業界における持続可能な社会の実現に向けた取り組みにフォーカス。
(2024年4月25日)

drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

page2024特集
page2024特集

「page2024」の事前情報を配信。開催テーマは「連携」。
(2024年1月22日〜)

2024年 ここに注目!
2024年 ここに注目!

独自戦略でアフターコロナ時代を躍進する企業、新製品、注目技術を紹介。
(2024年1月1日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal