PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > TOWA、内覧会で最新鋭Koenig&Bauer社製「Rapida106X」披露

イベント

TOWA、内覧会で最新鋭Koenig&Bauer社製「Rapida106X」披露

2024年2月13日
パッケージ印刷会社らおよそ80名が来場
毎時2万枚印刷時のRapida106Xの前で(最右:高本社長、最左:Koenig&Bauer JP 阿部野耕一氏)
内覧会前の起動式で始動ボタンにタッチする高本吉則会長と高本社長

 (株)TOWA(東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)は2月9日、Koenig&Bauer社製最新鋭菊全7色+ニスコーターLED-UV機「Rapida106X」の起動式と内覧会を開催した。
 TOWAは、G段をはじめとした厚紙印刷の生産性・利益率向上を目的に昨年12月、2台の印刷機を廃棄し、世界最速モデルの「Rapida106X」を導入(省エネ補助金活用)。厚紙仕様の同機は、740ミリ嵩上げしてフィーダーとデリバリーに全自動パレット交換機能を装備。引き針がないセンサー式のインフィードシステム「ドライブトロニックSIS」によってG段を毎時2万枚で印刷できる。
 さらに、全胴同時刷版交換の「ドライブトロニックSPC」とローラー洗浄と生産の並行処理が行える「同SRW」の機能により、飛躍的な前準備時間の短縮を実現している。
 デモでは、お菓子上箱(G段1,000枚、TOWAブルー)→4Cチャート(NBスターアートボード、自動パイル交換実演)→お菓子上箱(G段1,000枚、Koenig&Bauerブルー)の順に、すべて最高速の2万枚/時で印刷。厚紙の高速印刷および圧倒的なジョブチェンジの短さに来場者から驚きの声があがった。
 「毎時2万枚の厚紙搬送は『化け物』だ。我々は今後も同機を活用した新たな挑戦を続けていく」(高本社長)

特集
page2024特集
page2024特集

「page2024」の事前情報を配信。開催テーマは「連携」。
(2024年1月22日〜)

2024年 ここに注目!
2024年 ここに注目!

独自戦略でアフターコロナ時代を躍進する企業、新製品、注目技術を紹介。
(2024年1月1日)

ダイレクトメール特集 2023秋
ダイレクトメール特集 2023秋

成長市場を追う─DMを新たな事業領域に。
(2023年12月15日)

印刷会社の創注
印刷会社の創注

「注文が来ないなら、創り出さなくてはいけない」というストレートなテーマ「創注」にフォーカス。
(2023年11月25日)

インクジェット特集2023
インクジェット特集2023

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2023年9月5日)

印刷通販ビジネス2023
印刷通販ビジネス2023

印刷通販ビジネスの最前線を特集。
(2023年8月25日)

印刷×DX 2023
印刷×DX 2023

印刷業におけるDX戦略やメーカー・ベンダーによるDX構想・ソリューションなどを特集。
(2023年8月5日)

印刷×SDGs 2023
印刷×SDGs 2023

「SDGs」(Sustainable Development Goals)を印刷経営における重要な視点として、事例やソリューションを紹介。
(2023年7月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal