PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > 光文堂、TOKYO PACKで台紙付シュリンクパック吸引封入装置紹介

イベント

光文堂、TOKYO PACKで台紙付シュリンクパック吸引封入装置紹介

2018年10月3日
生産性向上と品質の安定、エコ対策にも貢献できる

 (株)光文堂(本社/名古屋市中区、讃岐秀昭社長)は東京ビッグサイトにおいて開催されているTOKYO PACK2018において、新製品の台紙付きシュリンクパック吸引封入装置「KBD PICK&TUCK」を紹介している。
 これまで、台紙付きシュリンクパックへの商品封入は人の手作業に頼るしかなく、生産性や品質が不安定という課題を抱えていた。同製品はその作業を自動化するもので、1台で4〜5人分の生産性を実現する。プラスチック使用量を容器削減により95%削減し、作業効率アップと大幅なコストダウン、エコ対策に貢献することから業界内外から注目を集めている。
 厚み0.05mmの筒状PEフィルムに先端吸引部を持つアダプタを通して商品をフィルム内に吸引。アダプタ側面にある圧空噴射口によりフィルム内を空圧で広げて商品を吸引することで、高速封入を実現する。1サイクルは約4秒、1分あたり約15ワークの生産性があり、ユニット数により生産効率を大幅にアップできる。
 同製品を印刷会社が導入すれば、印刷から商品封入まで、事業領域を大きく広げられる可能性もある。なお、同社のブースは東3ホール 3-82。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal