PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > アイワード、ミューラー機導入による「製本のスマート化」公開

企業・経営

アイワード、ミューラー機導入による「製本のスマート化」公開

2022年4月21日
奥山社長(左)とルドルフ・ミューラー会長
既設機を含む計4台すべてを「コネックス」に統合

 (株)アイワード(本社/北海道札幌市、奥山敏康社長)は4月20日、ミューラー・マルティニ社製設備導入による「製本システムのスマート化」を報道関係者に公開した。
 同社は昨年9月、石狩工場内に無線綴じ機「アレグロ」と中綴じ機「プリメーラMC」を新規導入し、既設機を含む計4台すべてをデータマネジメントシステム「コネックス」に統合。同時にオペレータの動線や物流を考慮した機械レイアウトの変更も実施し、「製本工程のスマート化」を実現している。
 これら4台にはすべてバーコード読み取り乱丁検査装置「アジール」を搭載。また、中綴じ機には針金形状検査装置「スマートステッチ」も搭載されている。
 新設2台は、各ユニットを単独駆動させるモーションコントロール仕様で、1ジョブの切り替え時間30〜40分が半分に短縮。また、無線2台はともにPUR対応(兼用)、中綴じ2台はともに最大A3、最小A6サイズに対応するなど、同様の仕事を両機でカバーできることから、柔軟で効率的なスケジューリングが可能になっている。
 さらに、300ページを超える厚物の仕事が全体の2割を占めることから、新設のアレグロ30鞍は、16ページ折りで最大480ページを一度に生産でき、それ以上の厚物は、下処理した仮丁合をブックブロックフィーダーからラインへ搬送することで合本作業の自動化も実現している。
 「我々が扱うのは『人の命を守る本』『人を育てる本』『人の営みを記録する本』『社会の進歩に寄与する本』など。今回の製本設備強化は、出版文化への貢献において大きな力を発揮するものと確信している」(奥山社長)

ニュースランキング
特集
デジタル印刷特集 2022
デジタル印刷特集 2022

DX推進に欠かせないデジタル印刷技術、「アフターコロナ時代のデジタル印刷ソリューション」を紹介。
(2022年3月25日)

製本・後加工 2022
製本・後加工 2022

製本・後加工会社の先進的な取り組みや事例、メーカーのソリューションなどを紹介
(2021年3月5日)

印刷業の「脱炭素経営」
印刷業の「脱炭素経営」

印刷業界の脱炭素経営への取り組みを紹介。
(2021年12月5日)

印刷通販事業による企業戦略
印刷通販事業による企業戦略

印刷通販ビジネスを展開する企業の経営戦略を考察。
(2021年11月15日)

インクジェット特集 2021
インクジェット特集 2021

進化するインクジェット技術とビジネスモデル
(2021年9月25日)

[シリーズ]販促アイテム・ツール
[シリーズ]販促アイテム・ツール

印刷物の付加価値を向上させ、新たな市場を創出する販促アイテム・ツール
(2021年9月〜)

アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…
アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…

企業存続に向けた「ニューノーマル時代」の経営戦略立ち上げが急務に。
(2021年7月25日)

印刷DX 2021
印刷DX 2021

コロナ禍がもたらした「ニューノーマル」の世界における「印刷企業のDX戦略」に迫る。
(2021年6月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal