PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > インキメーカー、相次いでインキ値上表明 - 資材コスト先行きに暗雲

企業・経営

インキメーカー、相次いでインキ値上表明 - 資材コスト先行きに暗雲

2018年12月28日

 2019年1月からの印刷・情報用紙の値上げに続き、インキメーカーが相次いでオフセットインキの値上げを表明している。
 東洋インキは12月13日、油性ならびにUV硬化型のオフセットインキ製品を1月16日出荷分から値上げすると発表。値上げ幅は、1kg当たり枚葉・輪転インキが30〜50円、UVインキが100〜150円、新聞用輪転インキが20〜60円。また、12月19日に発表したT&K TOKAは、2月1日出荷分から、オフ輪インキで50円、枚葉インキで80円、UVインキで150円値上げする。
 さらに、12月21日発表のサカタインクスでも2月1日出荷分から枚葉インキで40〜80円、輪転インキで30〜60円、UV硬化型インキで100〜170円、新聞インキで30〜60円値上げ。12月26日発表のDICグラフィックスも同じく2月1日出荷分から、オフ輪インキで50円、油性枚葉インキで60円、UVインキで150円、新聞インキで60円値上げする。
 値上げの理由について、東洋インキでは「オフセットインキの原材料は、中国の環境規制強化やグローバル規模の素原料需給逼迫により、価格高騰の影響を受けている」とした上で、「なかでも、有機顔料やUV硬化型インキの光重合開始剤、油性インキのロジン系樹脂などの基幹原料は、中間体を含む原料生産のほとんどを中国に依存しているが、中国の環境規制強化によって多くの生産プラントが操業停止となり、需給バランスが悪化、大幅な原料価格上昇の要因になっている」と説明。さらに、「輸送費や荷役費などの物流コストが過去最高水準となっている」とし、各社とも「原材料価格の高騰」「物流コストの上昇」を理由に、これらコスト増をインキ製品価格に転嫁する形となる。

ニュースランキング
特集
製本・後加工 2019
製本・後加工 2019

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2019年3月5日)

page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal