PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 富士精版印刷、第70期決算は減収減益 - 収益構造は改善へ

企業・経営

富士精版印刷、第70期決算は減収減益 - 収益構造は改善へ

2018年9月6日
71期は「売上減少に歯止めをかける年」へ(下段左=石川忠会長、下段右=吉賀社長)

 富士精版印刷(株)(本社/大阪市淀川区西宮原、吉賀文雄社長)は9月5日、本社内で記者会見し、第70期の決算が減収減益となったことを明らかにした。
 売上高は前年比1.7%減の39億7,600万円(前期40億4,400万円)、経常利益は300万円(前期8,200万円)とわずかながら黒字を確保している。
 減収要因について吉賀社長は、「直受注の大口顧客におけるペーパーレス化および小ロット化が影響している」とした上で、減益要因については「売上減少による要因もさることながら、材料費の増加や設備導入による減価償却費の増加による影響が大きい。償却については、できる限り可能な方法での前倒しや特別償却を実施した」と説明。また、工場加工高が減少する一方で、限界利益率がここ数年で大幅に向上していることを示し、同社が取り組んできた「収益構造の改善」が実を結びつつあることを強調した。
 同社では、これらの状況を踏まえ、今期を「売上減少に歯止めをかける年」と位置付け、71期は売上高41億5,000万円を計画。「主力得意先の売上維持および伸長」「顧客満足度の向上」「コスト競争力の強化」の3項目を柱に売上回復を目指す。

ニュースランキング
特集
afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

デジタル印刷 × パッケージ 2017
デジタル印刷 × パッケージ 2017

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2017年11月25日号)

【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp