PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 富士精版印刷、第70期決算は減収減益 - 収益構造は改善へ

企業・経営

富士精版印刷、第70期決算は減収減益 - 収益構造は改善へ

2018年9月6日
71期は「売上減少に歯止めをかける年」へ(下段左=石川忠会長、下段右=吉賀社長)

 富士精版印刷(株)(本社/大阪市淀川区西宮原、吉賀文雄社長)は9月5日、本社内で記者会見し、第70期の決算が減収減益となったことを明らかにした。
 売上高は前年比1.7%減の39億7,600万円(前期40億4,400万円)、経常利益は300万円(前期8,200万円)とわずかながら黒字を確保している。
 減収要因について吉賀社長は、「直受注の大口顧客におけるペーパーレス化および小ロット化が影響している」とした上で、減益要因については「売上減少による要因もさることながら、材料費の増加や設備導入による減価償却費の増加による影響が大きい。償却については、できる限り可能な方法での前倒しや特別償却を実施した」と説明。また、工場加工高が減少する一方で、限界利益率がここ数年で大幅に向上していることを示し、同社が取り組んできた「収益構造の改善」が実を結びつつあることを強調した。
 同社では、これらの状況を踏まえ、今期を「売上減少に歯止めをかける年」と位置付け、71期は売上高41億5,000万円を計画。「主力得意先の売上維持および伸長」「顧客満足度の向上」「コスト競争力の強化」の3項目を柱に売上回復を目指す。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal