PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 信用情報 > アテナ・サービス(大阪)、破産開始決定-負債3億500万円

信用情報

アテナ・サービス(大阪)、破産開始決定-負債3億500万円

2022年3月29日

 アテナ・サービス(株)(大阪市平野区加美鞍作3-12-5、設立1974年6月、資本金5,000万円)は3月10日、大阪地裁より破産開始決定を受けた。負債総額は、債権者23名に対して約3億500万円。
 1969年3月に創業し、ダイレクトメール作成、発送代行を主体に手掛けていた。機械化が困難なニーズに対して人海戦術での対応を得意とし、官公庁や大手通信教育系企業に強固な営業基盤を構築。2000年6月期には、ピークとなる売上高30億104万円を計上した。しかし、以降は紙媒体の減少などもあり業容は縮小基調で推移。また、過去の売上至上主義により採算性も低く、財務基盤の強化は進まずにいた。
 これに対し、近年は採算重視体制への転換を模索。また、2016年6月期には日本政策金融公庫より資本性ローンを導入するなどして財務基盤強化に向けた取り組みを実施するほか、2017年6月期には金融債務のリスケジュール措置を受けて資金繰りを緩和。国税局の案件を受注するなどして、再建を目指していた。
 しかし、2020年に入り「新型コロナウイルス」感染拡大の影響で催事やイベントの中止や延期が相次いだことで、DM需要も激減し、業況は一気に悪化した。2020年6月期は一部事業を関連会社に移管した影響もあり、売上高が5億1,800万円にまで減少したうえ、2期連続で赤字を計上し、債務超過額が拡大した。
 2021年6月期に入っても業況は改善せず、ネット広告の台頭によるDM需要のさらなる落ち込みもあり、売上高は1億9,956万円にまで減少。資金繰りは逼迫の度合いを強め、2021年11月には資金ショートを起こして動向が注目される中、支えきれず今回の措置となった。

ニュースランキング
特集
デジタル印刷特集 2022
デジタル印刷特集 2022

DX推進に欠かせないデジタル印刷技術、「アフターコロナ時代のデジタル印刷ソリューション」を紹介。
(2022年3月25日)

製本・後加工 2022
製本・後加工 2022

製本・後加工会社の先進的な取り組みや事例、メーカーのソリューションなどを紹介
(2021年3月5日)

印刷業の「脱炭素経営」
印刷業の「脱炭素経営」

印刷業界の脱炭素経営への取り組みを紹介。
(2021年12月5日)

印刷通販事業による企業戦略
印刷通販事業による企業戦略

印刷通販ビジネスを展開する企業の経営戦略を考察。
(2021年11月15日)

インクジェット特集 2021
インクジェット特集 2021

進化するインクジェット技術とビジネスモデル
(2021年9月25日)

[シリーズ]販促アイテム・ツール
[シリーズ]販促アイテム・ツール

印刷物の付加価値を向上させ、新たな市場を創出する販促アイテム・ツール
(2021年9月〜)

アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…
アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…

企業存続に向けた「ニューノーマル時代」の経営戦略立ち上げが急務に。
(2021年7月25日)

印刷DX 2021
印刷DX 2021

コロナ禍がもたらした「ニューノーマル」の世界における「印刷企業のDX戦略」に迫る。
(2021年6月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal