PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 団体 > 全印工連、令和版構造改善事業「印刷DX推進プロジェクト」始動

団体

全印工連、令和版構造改善事業「印刷DX推進プロジェクト」始動

2020年7月14日
左から福田委員長、滝澤会長、江森常務理事

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)が、今年6月に申請していた補助金事業「印刷DX推進プロジェクト」の補助金交付が7月6日付で正式に決定。これを受け7月13日、日本印刷会館において、滝澤会長のほか、DX推進プロジェクトチームから福田浩志委員長と江森克治常務理事が出席のもと記者会見が行われた。
 冒頭、挨拶した滝澤会長は、「本プロジェクトは、印刷産業全体の生産性向上を図るために、組合員同士による生産協調・連携の実現を目指す令和版構造改善事業である」と述べ、全印工連の中心事業として取り組んでいくことを明らかにした。
 続いて福田委員長より、改めて同事業の概要について説明が行われた。それによると同事業は、組合員同士の協業による「生産集約」を推し進めることで効率的な生産体制を確立し、供給過剰による低収益構造から高収益構造にシフトしていくことを目指すもの。具体的には、主に製造を担う「ファクトリー」と付加価値提供を担う「サービスプロバイダー」に機能を分け、これらを独自の基幹システムでつなげ、最適な受発注が行える体制を構築していく。
 今年度は、同プロジェクトの第1期として、経営の見える化に資するMIS、メーカー横断型のJDFをベースとした生産管理システム、そして「サービスプロバイダー」と「ファクトリー」の円滑な受発注体制を構築するための「ジョブシェアリングプラットフォーム(JSP)」など、基幹システムの開発を進めていく。
 福田委員長は「時間的な制約から、一部については既存のパッケージ型のソフトを採用するが、JSPについては、全印工連が開発依頼をかけ、独自システムとして構築していく」と説明した。
 なお、今後の計画としては、2021年度に全国モデル地区での試行を予定している。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal