PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > リコー、1974年発売の「リファクス600S」が複写機遺産に認定

企業・経営

リコー、1974年発売の「リファクス600S」が複写機遺産に認定

2024年6月10日
リファクス600S

 (株)リコー(大山晃社長)が1974年に発売した世界初の一般事務用高速デジタルファクシミリ「リファクス600S」が、このほど(一社)日本画像学会が認定する「複写機遺産」として認定された。
 複写機遺産は、日本画像学会がオフィスの文書処理業務に革新をもたらした歴代の「現存する」複写機に搭載された技術を後世に伝えるために認定するもの。
 リファクス600Sは、公衆回線網に接続する世界初の一般事務用高速デジタルファクシミリ。1973年、発売に先立って日米間で行われた通信実験とその結果発表は、リファクス600Sの高速性と先進性を世界に向けて大きくアピールすることとなり、翌1974年、日米で同時発売され、ファクシミリのデジタル化のさきがけとなった。これを機に専用回線を用いた報道や鉄道などの特定業務用から、公衆回線網を利用した一般事務用へとファクシミリの活用が大きく拡大することなる。今日では「読み取り機能」「記録機能」「コピー機能」といったファクシミリの基本機能が、複合機として発展するなど、日本の通信分野に大きな貢献をしたとともに世界の先進的なデジタル技術発展の礎を築く第一歩となった製品といえる。

特集
パッケージ印刷ビジネス 2024
パッケージ印刷ビジネス 2024

パッケージ印刷の事業化に向けたソリューションや具体的な取り組み事例を紹介。
(2024年6月15日)

after drupa 2024
after drupa 2024

「drupa2024」出展企業の展示製品やソリューションについてシリーズで紹介。
(2024年6月25日〜)

AI・ロボット活用 2024
AI・ロボット活用 2024

印刷製造工程におけるAI(人工知能)およびロボット技術の活用について、その現状と可能性を探る。
(2024年6月15日)

印刷とサステナブル 2024
印刷とサステナブル 2024

印刷業界における持続可能な社会の実現に向けた取り組みにフォーカス。
(2024年4月25日)

drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal