PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 富士精版印刷、コロナ影響大で減収 -「安心と品質」でESG経営へ

企業・経営

富士精版印刷、コロナ影響大で減収 -「安心と品質」でESG経営へ

2020年9月8日

 富士精版印刷(株)(本社/大阪市淀川区西宮原2-4-33、吉賀文雄社長)は、第72期決算が減収増益となったことを明らかにした。
 同社では今年を「時代と顧客のニーズをつかみ、商機を広げる年」と位置付け、昨年度に引き続き既存顧客を重視しながら、新規開発にも注力。結果、第3四半期までの売上は、前年比105%と堅調に推移したが、第4四半期に新型コロナウイルス感染症拡大の影響を大きく受け、最終的には、売上は前年比3.7%減の39億9,200万円(前期比1億5,100万円減)と減収を余儀なくされた。
 一方で、材料費や運賃が高止まり状態にあったものの営業利益は1,300万円を確保。昨年グループ化した関連会社からの配当もあり、経常利益は8,000万円(前期比2,000万円増)の黒字となった。
 今後の方針について吉賀社長は「時代と顧客のニーズをつかみ、商機を広げ、業績向上に取り組む」とし、Withコロナ社会を見据えた自社の在り方を模索していく考えを強調。また、印刷物の新たな付加価値化として、バイオマスインキの全面使用や抗菌印刷にも着手し、人や環境にやさしい「安心と品質」の両立を目指すとともに、コーポレートプランニング室を中心にESGを意識した組織づくりにつとめ、競争力強化を図る方針。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal