PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > ハイデルベルグ、樋口印刷所(大阪)に「CX75」国内1号機納入

製品・サービス

ハイデルベルグ、樋口印刷所(大阪)に「CX75」国内1号機納入

2019年10月4日
「スピードマスターCX75」の前で、樋口社長(左)と中谷和美テクニカルマネージャー

 ハイデルベルグ・ジャパン(株)(水野秀也社長)は今年8月、(有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)に菊半寸のび判印刷機「スピードマスターCX75」国内第1号機を納入。10月3日にその記者発表を開いた。
 「スピードマスターCX75」は、XL75のシリンダーコンセプトを継承し、倍径圧胴を備えることで、0.03〜0.6ミリまで(オプションでは0.8ミリまで)対応するなど、多種多様な原反と幅広い印刷アプリケーションに対応するマルチタレントな印刷機だ。最高速度が毎時1万5,000枚でありながら、ハイデルベルグの50×70センチフォーマットの印刷機では最も幅の狭い(2.81メートル)省スペース機である。
 今回、その国内第1号機を導入した樋口印刷所は、昭和45年創業の下請けを専門とする商業印刷会社。とくに「特色」を得意としてきた同社では、約5年前から厚紙をはじめ、ラベル、ユポ、フォイル、和紙、不織布といった様々な原反への印刷需要が急増。この需要に応えるため、今回の設備投資においては、薄紙から厚みのあるカードボードまで対応する柔軟性と、XL75では設置できないスペースにも対応するコンパクトデザインが機種選択のポイントになった。「従来機比で生産性は2割程度向上している。また厚紙でも擦れの心配がないため、オペレータは色調管理に専念できる」(樋口社長)

ニュースランキング
特集
「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

新たな付加価値を彩る「加飾技術」
新たな付加価値を彩る「加飾技術」

スポットニス加工や特殊抜き加工による視覚的・触覚的な表現手法で、印刷物の付加価値を高める「加飾技術」を特集
(2019年7月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2019
印刷会社の印刷通販サービス活用 2019

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2019年6月5日)

働き方改革特集2019
働き方改革特集2019

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2019年5月15日)

省電力UV印刷特集
省電力UV印刷特集

導入が進む省電力UV印刷システムの最新動向を特集
(2019年4月25日)

ダイレクトメール特集 2019
ダイレクトメール特集 2019

DM制作関連市場は1,214億円 〜 ハイクオリティなDM手法も現実化
(2019年4月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal