PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 田中手帳、発災時のコミュニケーションブックがMUDコンペ受賞

企業・経営

田中手帳、発災時のコミュニケーションブックがMUDコンペ受賞

2021年2月1日
「コミュック」を手に田中社長

 田中手帳(株)(本社/大阪市住之江区、田中尚寛社長)は、第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティションにおいて、発災時に役立つコミュニケーションハンドブック「コミュック」で佳作を受賞した。
 同商品は、発災時に聴覚障害者などのハンディキャップを持った人々に向けて、デジタルインフラ復旧までの初動の助けになるものとして開発したもの。ユポ紙を使用しているため、耐水性に優れているだけでなく、耐久性、筆記適正にも優れている。また、ユポ紙は水に濡れると紙と紙が貼り付いてしまいページが捲りにくくなるという欠点があるが、項目別に同社が得意とするインデックス加工を施すことで、手袋をはめた状態でも開きやすくしている。
 「2019年末に開発した第1号の『コミュック』はMUD対応にはしていなかったが、今回、多方面からのアドバイスや協力を得て、個人の色の感じ方の差や年齢などに関係なく、多くの方に正確に情報が伝わるMUD対応とした。見やすく分かりやすいフォントやデザインを採用している」(田中社長)
 「コミュック」は、ページを捲ると緊急時の救急車手配のお願いから災害状況の確認、情報収集、避難所での共同生活での必要事項などがインデックスで分類されており、聴覚障害者はこれらを指さしするだけでコミュニケーションをとることができる。現在、防災方面のプロフェッショナルの監修なども得て価値を高めていくための準備を進めており、田中社長は「発災時におけるリスクマネジメントの認識はまだまだ低いと思われるが、気運の高まりに期待したい。インバウンド向けのハンドブック制作も視野に入れていく」としており、今後もブラッシュアップしながら発災時の緊急アイテムとしての機能を高めていく姿勢を示している。

ニュースランキング
特集
検査システムによる品質管理と標準化
検査システムによる品質管理と標準化

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す(2021年3月15日)
(2021年3月15日)

[シリーズ]印刷通販サービス
[シリーズ]印刷通販サービス

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」としてシリーズで紹介。
(2021年2月5日〜)

製本・後加工 2021
製本・後加工 2021

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2021年3月5日)

Withコロナ時代のCSR
Withコロナ時代のCSR

全印工連CSR認定企業に見る「印刷業界のCSR活動のあり方」を取材
(2021年2月25日号)

リコージャパン、新たな価値提供へ〜「KICK START」展開
リコージャパン、新たな価値提供へ〜「KICK START」展開

コンセプトは「印刷会社×リコージャパン」|「KICK START」について小松紀之氏に聞く
(2021年1月1日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal