PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 主要 > 共進ペイパー&パッケージ、「Primefire106」国内1号機が稼働開始

主要

共進ペイパー&パッケージ、「Primefire106」国内1号機が稼働開始

2019年11月7日
起動式でのテープカットのもよう(左から 鍛治川社長、ヨルグ・バウアー社長、鍛治川常務)
記念すべき1枚目の印刷物を手にする鍛治川常務

 (株)共進ペイパー&パッケージ関東工場(千葉市花見川区)に国内1号機で導入されたB1デジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が11月7日、稼働を開始した。
 同社とハイデルベルグ・ジャパン(株)は同日午後、多数の業界報道陣を招いての起動式典を挙行。同式典では、はじめに同社ハコプレ事業部長の鍛治川和広常務取締役が挨拶に立ち、「プライムファイア106は当社のビジネスだけでなく、印刷業界、パッケージ業界に大きなチャンスを与えるものである」と同機の持つ可能性に大きな期待を示すとともに、「今日という日を迎えることができたのは、『見える手』である関係各位の皆様の力強いご支援の賜であることはもちろん、様々な御縁や偶然、チャンスなど『見えざる手』の後押しもあったからこそであると感じている」と、同機の導入は運命的なものであることを、確信を込めて語った。
 また、ハイデルベルグ・ジャパンのヨルグ・バウアー社長は、「共進ペイパー&パッケージ様のような革新的な企業にプライムファイア106を導入していただいたことは、我々にとっても大きな誇りである。今後も生産性と品質の両面で同社のサポートを続け、さらにWIN-WINの関係を築いていきたい」と述べた。
 ヨルグ・バウアー社長から共進ペイパー&パッケージの鍛治川清司社長に、プライムファイア106国内1号機導入の記念楯が手渡されたあと、テープカットならびに起動式を挙行。鍛治川社長、鍛治川常務、ヨルグ・バウアー社長によりテープに鋏が入れられ、同機の稼働開始を告げた。続いて、鍛治川常務が起動ボタンを押すと、多くの従業員が見守る中、記念すべき1枚目が印刷された。このあと、1枚1枚、画像の異なる印刷物がプリントアウトされ、同機の性能が業界報道陣に披露された。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal