PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 団体 > 日本フォーム工連、寺子屋プロジェクトの「技術力」強化を実践

団体

日本フォーム工連、寺子屋プロジェクトの「技術力」強化を実践

2019年2月22日
ミヤコシ製の4色フォーム輪転機を使用して実技研修を実施
櫻井会長(右)は報告会ののち技術研修会も視察した

 日本フォーム印刷工業連合会(櫻井醜会長)は、業界価値向上を実現するための活動方針として掲げた「寺子屋プロジェクト」の強化事業の1つとして、今年2月より(株)ミヤコシおよびオフィス知識の協力のもと「ビジネスフォーム印刷技術研修会」をミヤコシ・八千代工場(千葉県八千代市)で実施している。2月21日には、櫻井会長のほか、日暮秀一技術委員長、山口実専務理事、そしてミヤコシ・宮腰亨社長らが出席のもと同研修会の報告会が行われた。
 報告会の席上、挨拶した櫻井会長は、「これからはフォーム業界全体が高い技術力を持った上で、その技術を生かした『コトづくり』を実践することが重要であると考えている」と、業界価値向上の施策として技術力の底上げが必要であるとの考えを示した。
 同研修会は、現場で指導的役割を担っている従業員を対象に、2月6日より4グループ(1グループ6名)に分けて実技と座学で構成されたプログラムを3日間にわたり学んでいくもの。
 実技研修では、メンテナンスを施した約30年前のミヤコシ製4色フォーム輪転機を使用し、4色カラー印刷を中心に技術研修を行っている。
 なお、日本フォーム工連では今後、同研修会の定期開催やメンテナンス編の実施、そして将来的には、新入社員を対象とした技術研修会の開催を検討している。

ニュースランキング
特集
「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

新たな付加価値を彩る「加飾技術」
新たな付加価値を彩る「加飾技術」

スポットニス加工や特殊抜き加工による視覚的・触覚的な表現手法で、印刷物の付加価値を高める「加飾技術」を特集
(2019年7月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2019
印刷会社の印刷通販サービス活用 2019

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2019年6月5日)

働き方改革特集2019
働き方改革特集2019

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2019年5月15日)

省電力UV印刷特集
省電力UV印刷特集

導入が進む省電力UV印刷システムの最新動向を特集
(2019年4月25日)

ダイレクトメール特集 2019
ダイレクトメール特集 2019

DM制作関連市場は1,214億円 〜 ハイクオリティなDM手法も現実化
(2019年4月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal