PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > エコスリー、共立アイコムで「アズーラ速乾印刷」内覧会開催

イベント

エコスリー、共立アイコムで「アズーラ速乾印刷」内覧会開催

2023年7月31日
「Rapida106X」による速乾印刷ライブ実演
共立アイコム・小林武治社長

 エコスリージャパン(株)(岡本勝弘社長)は7月28日、2013年から現像レスプレート「アズーラ」による「速乾印刷」を実践する(株)共立アイコム(本社/静岡県藤枝市高柳1-17-23、小林武治社長)協力のもと内覧会を開催。「『速乾印刷』は10年後も意識を変える!経営を変える!」と題し、共立アイコムが10年間にわたって継続してきた「アズーラ速乾印刷」の実践プロセスと、その多角的な効果について解説が行われ、「Rapida106X」による速乾印刷ライブ実演も公開された。
 「『業態変革』が叫ばれていた当時、アズーラとの出会いがあったことで、当社で最も早く変革を実現したのは印刷グループだった。そしていま、第二の変革を迎えている。段取り時間6〜7分、印刷機をアイドリングなしで常に毎時1万6,000〜1万8,000枚/時で稼働させるという当社の挑戦は、恐らくアズーラの『乾き』がなければ実現できない」(小林社長)
 一方、製造統括の大石修氏は、速乾印刷実現のポイントとして「数値目標設定の重要性」を強調した上で、速乾印刷の効果として「メンテナンス確立による標準化」「事故激減」「能率向上」「多能工化推進」「コスト削減」「意識改革」などを挙げ、それぞれの効果について解説した。

特集
drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

page2024特集
page2024特集

「page2024」の事前情報を配信。開催テーマは「連携」。
(2024年1月22日〜)

2024年 ここに注目!
2024年 ここに注目!

独自戦略でアフターコロナ時代を躍進する企業、新製品、注目技術を紹介。
(2024年1月1日)

ダイレクトメール特集 2023秋
ダイレクトメール特集 2023秋

成長市場を追う─DMを新たな事業領域に。
(2023年12月15日)

印刷会社の創注
印刷会社の創注

「注文が来ないなら、創り出さなくてはいけない」というストレートなテーマ「創注」にフォーカス。
(2023年11月25日)

インクジェット特集2023
インクジェット特集2023

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2023年9月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal