PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 信用情報 > 東邦プリンテック(神奈川)、再度の資金ショート-負債推定5億円

信用情報

東邦プリンテック(神奈川)、再度の資金ショート-負債推定5億円

2018年12月10日

 (株)東邦プリンテック(神奈川県横浜市南区蒔田町谷戸田966、設立昭和24年5月、資本金3,000万円)は再度の資金ショートを起こし12月5日、行き詰まりを表面化した。
 印刷・事務用機器などの製造業者として長年の業歴を有し、特にナンバリング機・電子式チェックライター・カード複写機などを中心に扱っていた。バブル期となる平成2年7月期には売上高約25億8,000万円を計上していたが、以降は印刷機などを扱うメーカーの設備投資抑制から受注が落ち込み、売上縮小を余儀なくされていた。
 また、設立からしばらくは製造に特化し、販売については出資先である(株)プリンテックインターナショナル(東京都大田区)が担当していたが、間接部門の費用負担が大きいことなどを理由に26年2月、プリンテックインターナショナルを吸収合併し、製販一体での展開に移行していた。
 近年は独立行政法人国立印刷局(東京都港区)向けの印刷用番号器などを柱に業績維持に努めていたが、28年3月期は売上高約3億5,400万円に対し、利益は112万円にとどまっていた。30年7月にノンバンクによる債権譲渡登記、さらに同年9月に横浜市による本社不動産の差押が確認されるなど、資金繰りの厳しさが表面化するなか、今回の事態となった。
 なお、現在同社とは連絡が取れず、本社工場は閉鎖されている。負債総額は推定5億円。
(東京商工リサーチ調べ)

ニュースランキング
特集
製本・後加工 2019
製本・後加工 2019

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2019年3月5日)

page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal