PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > グローバル > モリサワ、神戸大学のウェアラブル端末フォント可読性研究に協力

グローバル

モリサワ、神戸大学のウェアラブル端末フォント可読性研究に協力

2019年9月9日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が協力する神戸大学大学院工学研究科の研究が、9月11日からロンドンで開催されるウェアラブルコンピューティング分野における国際会議「ISWC2019」で登壇発表される。
 発表される研究は、神戸大学大学院 工学研究科電気電子工学専攻 教授・寺田努氏のチームによるもので、テーマは、「Readability and Legibility of Fonts Considering Shakiness of Head Mounted Displays(頭部装着ディスプレイでの画面揺れを考慮したフォントの可読性・可視性)」。ウェアラブル端末を使用した場合、歩行や階段の上り下りなどの揺れの影響で、画面に表示される文字情報が読みづらくなることが想定される。同研究では、どのようなフォントが「動きながら読む」ということに適しているかを調査し、結果をまとめている。
 今回モリサワは、比較対象となるフォントの選定や提供で協力。ウェアラブル端末における可読性は、静止した状態だけでなく動きながら読むことが前提になるなど、フォントの開発にも従来の印刷やサイン用途と異なる視点が求められる。加えて今後、ARやVRなど多方面への発展が期待される分野でもあり、モリサワはこれからもさまざまな新技術に対応するため、フォントの研究開発を積極的に進めていく。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal