PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > モリサワ、甲子園球場のスコアボード用「甲子園フォント」制作へ

企業・経営

モリサワ、甲子園球場のスコアボード用「甲子園フォント」制作へ

2024年3月13日
手書き時代のスコアボード
電光化されたスコアボード

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は今年7月24日、創業者・森澤信夫氏らが「邦文写真植字機」を発明して100周年を迎える。同じく阪神電気鉄道(株)が運営する阪神甲子園球場も、同年8月1日に開場100周年を迎える。これを記念して、阪神甲子園球場とモリサワは、100周年記念共同プロジェクトとして、同球場のスコアボードで使用してきた伝統の「甲子園文字」を受け継ぎ、「甲子園フォント」として制作、デジタルフォント化することを決定した。
 阪神甲子園球場のスコアボードは、1983年まで職人が黒い板に毛筆で手書きをした文字を使用し、その独特な字形は「甲子園文字」として親しまれ、スコアボードを電光掲示に改修した1984年以降も、その伝統を受け継ぐべく、同球場の職員がオリジナルの文字データを制作して表示してきた。
 今回のプロジェクトで制作する「甲子園フォント」は、「甲子園文字」の伝統を次の時代に繋ぐコンセプトのもと、UD(ユニバーサルデザイン)フォントをベースとしている。
 完成は今年12月頃を予定。2025年のシーズンからスコアボードで使用される。また、同プロジェクトを記念して、今年4月17日に開催される阪神タイガース公式戦において、モリサワによる初めての冠協賛試合を実施する予定。

特集
印刷とサステナブル 2024
印刷とサステナブル 2024

印刷業界における持続可能な社会の実現に向けた取り組みにフォーカス。
(2024年4月25日)

drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

page2024特集
page2024特集

「page2024」の事前情報を配信。開催テーマは「連携」。
(2024年1月22日〜)

2024年 ここに注目!
2024年 ここに注目!

独自戦略でアフターコロナ時代を躍進する企業、新製品、注目技術を紹介。
(2024年1月1日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal