PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 弘和印刷、「スピードマスターSX102」国内1号機を導入

企業・経営

弘和印刷、「スピードマスターSX102」国内1号機を導入

2023年2月15日
バウアー社長と瀬田社長(右)
スピードマスターSX102-2P

 弘和印刷(株)(東京都足立区、瀬田章弘社長)は2月14日、ハイデルベルグ・ジャパン(株)(ヨルグ・バウアー社長)協力のもと記者発表会を開催し、「スピードマスターSX102」の国内第1号機を導入したことを発表した。
 同社が今年1月に導入した「スピードマスターSX102-2P」は、昨秋発売されたスピードマスターの次世代モデル。今回の設備投資では、スピードマスターSX102のほか、CtPプレートセッター「スープラセッターA106」およびプリネクトワークフローなどの印刷システムを併せて導入している。
 同社は、今家印刷(株)、(株)埼京印刷、カワセ印刷(株)と協力し、1色2色オフセット印刷の協創プラットフォーム「1-2-Cコンソーシアム」を立ち上げ、1色、2色の印刷に特化した生産連携を展開。さらに同コンソーシアムとして、全日本印刷工業組合連合会のDX推進事業「DX-PLAT」にも参画している。今後は、既設ワークフローを併用しつつ、プリネクトを基軸とした印刷システムと「DX-PLAT」をつなげた新たな生産連携の仕組みを構築していく。
 なお、今回導入した設備は、製造工程で排出されるCO2を正確に算定し、その排出量を金額に換算して環境NGO団体に寄付する「Sodoプロジェクト」に合致したCO2ニュートラルマシンとなっている。

特集
drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

page2024特集
page2024特集

「page2024」の事前情報を配信。開催テーマは「連携」。
(2024年1月22日〜)

2024年 ここに注目!
2024年 ここに注目!

独自戦略でアフターコロナ時代を躍進する企業、新製品、注目技術を紹介。
(2024年1月1日)

ダイレクトメール特集 2023秋
ダイレクトメール特集 2023秋

成長市場を追う─DMを新たな事業領域に。
(2023年12月15日)

印刷会社の創注
印刷会社の創注

「注文が来ないなら、創り出さなくてはいけない」というストレートなテーマ「創注」にフォーカス。
(2023年11月25日)

インクジェット特集2023
インクジェット特集2023

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2023年9月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal