PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > インプレス、書籍を小ロットで重版する自動生産システム運用開始

企業・経営

インプレス、書籍を小ロットで重版する自動生産システム運用開始

2016年12月9日
ショートラン重版自動生産システム

 インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する(株)インプレス(本社/東京都千代田区、小川亨社長)は、(株)インプレスR&Dおよび京葉流通倉庫(株)と提携して、既刊書籍の在庫を小ロットで自動補充するシステム「ショートラン重版自動生産システム」の運用を実現した。
 同システムは、在庫が一定数を下回ると自動的にデジタル印刷により小ロットでの印刷が行われ、在庫を補充。例えば、出荷後の在庫数が5冊を下回った場合、在庫数を10冊まで回復するようにデジタル印刷による印刷が自動的に行われ、在庫が補充される。倉庫の在庫数管理と、デジタル印刷での印刷数管理、印刷、倉庫への補充は京葉流通倉庫が担当。同社側から見て「自動化」が図られたことで、事務工数の大幅な削減が実現した。同システムの実現により、書籍の在庫補充が10冊以下で可能となったため、必要在庫数も数十冊となり、従来比100分の1での在庫管理が可能となった。
 現時点での対象書籍は25タイトルだが、今後は対象タイトルを増やしていく。また、同システムのノウハウについては、インプレスグループ各社、および営業提携しているパートナー出版社とも共有し、利用を広げていく予定。さらに、京葉流通倉庫とインプレスR&Dにおいては、京葉流通倉庫の顧客出版社に対する同システムのノウハウ提供も検討している。

ニュースランキング
特集
インクジェット特集 2019
インクジェット特集 2019

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
((2019年9月15日))

「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

新たな付加価値を彩る「加飾技術」
新たな付加価値を彩る「加飾技術」

スポットニス加工や特殊抜き加工による視覚的・触覚的な表現手法で、印刷物の付加価値を高める「加飾技術」を特集
(2019年7月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2019
印刷会社の印刷通販サービス活用 2019

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2019年6月5日)

働き方改革特集2019
働き方改革特集2019

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2019年5月15日)

省電力UV印刷特集
省電力UV印刷特集

導入が進む省電力UV印刷システムの最新動向を特集
(2019年4月25日)

ダイレクトメール特集 2019
ダイレクトメール特集 2019

DM制作関連市場は1,214億円 〜 ハイクオリティなDM手法も現実化
(2019年4月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal