PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > インプレス、書籍を小ロットで重版する自動生産システム運用開始

企業・経営

インプレス、書籍を小ロットで重版する自動生産システム運用開始

2016年12月9日
ショートラン重版自動生産システム

 インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する(株)インプレス(本社/東京都千代田区、小川亨社長)は、(株)インプレスR&Dおよび京葉流通倉庫(株)と提携して、既刊書籍の在庫を小ロットで自動補充するシステム「ショートラン重版自動生産システム」の運用を実現した。
 同システムは、在庫が一定数を下回ると自動的にデジタル印刷により小ロットでの印刷が行われ、在庫を補充。例えば、出荷後の在庫数が5冊を下回った場合、在庫数を10冊まで回復するようにデジタル印刷による印刷が自動的に行われ、在庫が補充される。倉庫の在庫数管理と、デジタル印刷での印刷数管理、印刷、倉庫への補充は京葉流通倉庫が担当。同社側から見て「自動化」が図られたことで、事務工数の大幅な削減が実現した。同システムの実現により、書籍の在庫補充が10冊以下で可能となったため、必要在庫数も数十冊となり、従来比100分の1での在庫管理が可能となった。
 現時点での対象書籍は25タイトルだが、今後は対象タイトルを増やしていく。また、同システムのノウハウについては、インプレスグループ各社、および営業提携しているパートナー出版社とも共有し、利用を広げていく予定。さらに、京葉流通倉庫とインプレスR&Dにおいては、京葉流通倉庫の顧客出版社に対する同システムのノウハウ提供も検討している。

ニュースランキング
特集
印刷×SDGs 2022
印刷×SDGs 2022

印刷経営における重要な視点として「SDGs」に焦点。事例やソリューションを紹介。
(2022年7月25日)

IGAS2022特集
IGAS2022特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2022」の事前情報を随時更新中!
(2022年7月14日〜)

印刷×DX 2022
印刷×DX 2022

印刷業におけるDX戦略やメーカー・ベンダーによるDX構想・ソリューションなどを特集。
(2022年7月5日)

パッケージ印刷ビジネス
パッケージ印刷ビジネス

パッケージ印刷の事業化に向けたソリューションや具体的な取り組み事例を紹介。
(2022年6月25日)

デジタル印刷特集 2022
デジタル印刷特集 2022

DX推進に欠かせないデジタル印刷技術、「アフターコロナ時代のデジタル印刷ソリューション」を紹介。
(2022年3月25日)

製本・後加工 2022
製本・後加工 2022

製本・後加工会社の先進的な取り組みや事例、メーカーのソリューションなどを紹介
(2021年3月5日)

印刷業の「脱炭素経営」
印刷業の「脱炭素経営」

印刷業界の脱炭素経営への取り組みを紹介。
(2021年12月5日)

印刷通販事業による企業戦略
印刷通販事業による企業戦略

印刷通販ビジネスを展開する企業の経営戦略を考察。
(2021年11月15日)

インクジェット特集 2021
インクジェット特集 2021

進化するインクジェット技術とビジネスモデル
(2021年9月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal