PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > グローバル > ケーニッヒ&バウアー、22,000枚/時の最新世代機Rapida106X受注

グローバル

ケーニッヒ&バウアー、22,000枚/時の最新世代機Rapida106X受注

2024年6月10日
ケーニッヒ&バウアーの経営委員会メンバーでケーニッヒ&バウアー・シートフェッドのCEOラルフ・サメック氏(右)とケーニッヒ&バウアーのセールス・ディレクターであるディエトマー・ヘイダック氏(中央)の立会いのもと、I.G.B.のマネージング・ディレクターであるアレッシオ・ブレッサン氏(左)が展示会の印刷機にサインボードを取り付ける

 ケーニッヒ&バウアー社は、北イタリアのヴイッジュにあるパッケージ印刷専門会社のI.G.B.社がdrupaにおいて7色コーター印刷機「Rapida 106X」の契約書にサインしたことを発表した。
 この最新世代機は、世界初の毎時2万2,000枚の出力を達成しており、このフォーマットクラスでは世界最速となる。また、完全自動のコーティング版交換システムCPC+をはじめとする印刷準備の高度な自動化装置、ノンストップ・パイル・ロジスティクス・システムなど、従来モデルと比べて生産性を大幅に向上させる数々の技術を備えている。
 さらに、新しい品質管理システム「エルゴトロニック・フォームチェック」も搭載。これは、コンソールで印刷シートにニスコーティング部とトムソン工程での打抜き部のラインを投影することにより、印刷中であっても、製品の完成イメージの確認が容易になる。また、クオリトロニックPDFHighRes(PDFハイレゾ)インライン品質検査装置も装備され、カラーコントロール、シート検査、プリプレスPDFとの比較機能が1つのシステムにシームレスに統合されている。

drupa24_report_click_special.jpg

特集
パッケージ印刷ビジネス 2024
パッケージ印刷ビジネス 2024

パッケージ印刷の事業化に向けたソリューションや具体的な取り組み事例を紹介。
(2024年6月15日)

after drupa 2024
after drupa 2024

「drupa2024」出展企業の展示製品やソリューションについてシリーズで紹介。
(2024年6月25日〜)

AI・ロボット活用 2024
AI・ロボット活用 2024

印刷製造工程におけるAI(人工知能)およびロボット技術の活用について、その現状と可能性を探る。
(2024年6月15日)

印刷とサステナブル 2024
印刷とサステナブル 2024

印刷業界における持続可能な社会の実現に向けた取り組みにフォーカス。
(2024年4月25日)

drupa 2024 特集
drupa 2024 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2024」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2024年4月2日〜)

販促アイテム 2024
販促アイテム 2024

印刷会社が提案する「販促アイテム」
(2024年3月25日)

デジタル印刷特集 2024
デジタル印刷特集 2024

「生産工程の見直し」あるいは「創注」という印刷経営戦略としてのデジタル印刷ソリューションにフォーカス。
(2024年3月25日)

検査システムによる品質管理 2024
検査システムによる品質管理 2024

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す。
(2024年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal