PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > ユニオンケミカー、「可食性インク ラボ」を開設

企業・経営

ユニオンケミカー、「可食性インク ラボ」を開設

2016年7月19日
可食性インクジェットインクの専門サイト「foodprint-ink.com」

 ユニオンケミカー(株)(本社/大阪府枚方市)はこのほど、本社内に可食性インクジェットインクを研究・開発する「可食性インク ラボ」を開設した。
 同社は、長年にわたり産業用インクの研究開発を進めてきた企業。その経験で培ったインクに関する保有技術を活かし、一般食品・健康食品・医薬品など、様々な用途を対象とした食品用のインクジェット インクの開発・用途開拓を約10年前より行っており、これまで数多くのフードプリントに関する課題を解決している。
 このたび新設した「可食性インク ラボ」は、可食性インクの研究・開発を行うとともに、菓子を含む様々な食品に加えて、錠剤などへのテスト印刷も行っている。顧客の要望に応じたオリジナル製品を実現する可食性インクの開発体制を整えており、フードプリントに興味のある商品企画・生産技術部門などからの相談を受けている。
 また、「可食性インク ラボ」の開設にともない、可食性インクジェットインクの専門サイト「foodprint-ink.com(フードプリント・インク・ドットコム) 」の運営も行っている。
 同サイトでは、フードプリンタの選定、インクの開発・選定からプリントワークでの問題解決まで、各種相談に応じており、顧客のフードプリント事業を支援する情報発信を行っている。また、「可食性インク ラボ」でテストプリントした事例の画像を随時アップしている。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal