PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 注目コンテンツ > drupa2012で話題を独占したランダ・ナノグラフィとは?

注目コンテンツ

drupa2012で話題を独占したランダ・ナノグラフィとは?

2012年5月25日

 drupa2012で一躍話題を独占したのが、ランダ社のNanographic Printing Processだ。同技術においては、drupa会期直前から小森コーポレーション、ハイデルベルグ、マンローランド・シートフェッドとの提携が相次いで発表され、主要オフセット印刷機メーカーへ技術供与されることが明らかになっている。
 また、この技術を採用した6機種のデジタル印刷機が同時発表され、Indigoの生みの親で「デジタル印刷の父」として知られる同社代表のベニー・ランダ氏が自ら行うプレゼンテーションは、一時、予約が2〜3日先まで満席の状態になるなど、大きな関心が寄せられた。

landa_2012_show_2.jpg Nanographic Printing Processは、水性インクを使った新しいデジタル印刷技術。その中核をなすのは、数十ナノサイズの顔料粒子であるLanda NanoInkだ。強力な光の吸収体で、均一でシャープなドット、高光沢忠実度、広いCMYK色域を特徴としている。
 この技術は、デジタルインク画像を形成するためのインク・イジェクターを採用しており、そのプロセスにおいて、非常に高速に動作して画像を形成する。

landa_dot.jpg

 まず、NanoInk各色は、紙などの被印刷媒体ではなく、熱をもったブランケットコンベヤーベルト上に吐出されてイメージを形成。描画されたイメージは、インクの水分が蒸発することで極薄のインク膜(オフセット画像のインク膜厚の半分である500ナノメートル)となり、圧胴によって被印刷媒体に転写される。
 高い耐磨耗性や耐スクラッチ性を持つだけでなく、コート紙、非コート紙からリサイクルされた厚紙までの幅広い用紙に対応。新聞印刷からプラスチックパッケージフィルム印刷まで、いかなる事前処理やコーティング、また印刷後の乾燥も不要である。
 同技術は、前述の通り、極薄のインク膜厚であることから、デジタル画像形成においてページ単価を抑えることが可能で、また水性インクであることからエネルギー効率が良く、環境に優しいプロセスでもある。

Landa-S7_Nanographic-Printing-Press_CrossCut.jpg 発表された6機種のLanda Nanographic Printing Pressは、枚葉タイプ3モデルと輪転タイプ3モデル。4色対応のW50を除いて最大8色印刷に対応。解像度はW50が600×600dpiで、それ以外は600×600/1,200×600dpi。
【枚葉機】
▽Landa S5(商業印刷用):B3(20インチ)、最高印刷速度1万1,000枚/時、片面・両面
▽Landa S7(商業・出版印刷用):B2(29インチ)、最高印刷速度1万2,000枚/時、片面・両面
▽Landa S10(商業・パッケージ用):B1(41インチ)、最高印刷速度1万3,000枚/時、片面・両面
【輪転機】
▽Landa W5(ラベル・パッケージ用):560ミリ(22インチ)幅、最高200メートル/分、片面
▽Landa W10(パッケージ用):1,020ミリ(40インチ)幅、最高200メートル/分、片面
▽Landa W50(DM・トランスプロモ、出版印刷用):560ミリ(22インチ)幅、最高200メートル/分、両面

landa_s10.jpg 写真を見ても分かるように、ユニークなグラフィックユーザーインターフェースも特徴のひとつだ。iPadを思わせるような特大のLanda Touchscreenは、右側が主にジョブ管理用エリア、左側が主にマシンの状態を表示するエリアになっている。
 また、オペレーターが機械から離れると、表示はVital Signs Modeに変わり、50メートル離れたところからも簡単に読める大きなフォントで表示。さらにタッチスクリーン・タブレットによって、全ユーザーインタフェースを表示することもできる。

 1993年にIndigoデジタル印刷機でデジタル印刷革命を起こしたベニー・ランダ氏。「デジタル印刷による印刷物は年1兆ページにのぼるが、印刷市場全体ではわずか2%に過ぎない」と指摘した上で「我々は、オフセット印刷の品質と生産性を有し、デジタルの多様性を提供する当技術によって、残り98%の市場獲得を目指す。そして印刷業界に第2のデジタル印刷革命を起こす」と語っている。

ニュースランキング
特集
製本・後加工 2017
製本・後加工 2017

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2017年3月5日)

page2017特集
page2017特集

「page2017」の事前情報を配信。開催テーマは「ビジネスを創る〜市場の創出〜」
(2017年2月5日)

デジタル印刷 × パッケージ
デジタル印刷 × パッケージ

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2016年11月25日)

インクジェット特集 2016
インクジェット特集 2016

drupa2016の主役となり、今後さらなる進化が期待される「インクジェット技術」を特集
(2016年9月15日)

【対談】志あふれる印刷産業へ、期待される価値を求めて
【対談】志あふれる印刷産業へ、期待される価値を求めて

全印工連の臼田真人会長と作道孝行副会長が対談。東西の若きリーダーが描く「志あふれる印刷産業」とは?
(2016年7月25日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2016
印刷会社の印刷通販サービス活用 2016

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2016年7月15日)

drupa 2016 特集
drupa 2016 特集

世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2016」の事前情報(見どころなど)を公開!
(2016年4月12日〜)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp