PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > 東洋インキ、透明性や物性を保持 - UV硬化型抗菌ニス開発

製品・サービス

東洋インキ、透明性や物性を保持 - UV硬化型抗菌ニス開発

2020年8月4日
FLASH DRY AMBシリーズ

 東洋インキ(株)(山岡新太郎社長)は、UV硬化型抗菌ニス「FLASH DRY AMBシリーズ」を開発した。
 UVオフセット・UVラベル印刷に使用できる、抗菌性を付与したコーターニス、OPニスで、コーターニスは抗菌加工製品の抗菌性試験方法であるJIS Z 2801に基づき、大腸菌、黄色ブドウ球菌に対して有効であることを確認済み。また、一般的に抗菌性と透明性はトレードオフの関係になるが、今回の開発品では従来品同等の透明性や物性を保持したことも大きな特徴である。なお、抗菌製品技術協議会(SIAA)が制定する、抗菌性・安全性・適切な表示を満たした製品にのみ表示できる「SIAA抗菌マーク」を今年9月中に取得予定。
 今後同社では、今回確立した抗菌性処方化技術を応用展開し、一般UVランプ硬化ニスやLED等の省エネルギーUVランプ硬化ニス、さらには環境対応の観点から昨今需要が高まっているバイオマスニスなど、UV硬化型抗菌ニスのラインナップを拡充していく考え。また現在、軟包装パッケージ用途においてもグラビア印刷、フレキソ印刷用抗菌コート剤の開発に取り組んでおり、さらに抗菌性付与に留まらず、抗ウイルス性も視野に入れた開発に注力していく。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal