PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > ハイデルベルグ、スピードマスターXL106の国内導入100台を達成

製品・サービス

ハイデルベルグ、スピードマスターXL106の国内導入100台を達成

2019年4月9日
大鹿印刷所に納入されたスピードマスターXL106-6+L
3台のXL106が並ぶウエマツ・戸田工場

 ハイデルベルグ・ジャパン(株)(本社/東京都品川区、水野秀也社長)は今年1月、(株)大鹿印刷所(本社/岐阜県揖斐郡、大鹿道徳社長)と(株)ウエマツ(本社/東京都豊島区、福田浩志社長)に、「Push to Stop」をコンセプトとするハイデルベルグ社のフラグシップモデル「スピードマスターXL106」を納入した。今回の2社同時納入によって、「スピードマスターXL106」の国内導入台数は、2004年の発表以来100台(XL105を含む)に達した。
 ハイデルベルグ社は、drupa2004においてスピードマスターXL106の前身であるXL105を発表。ベースフレームをはじめ、印刷機の基本設計をゼロから見直し、圧倒的な生産性と品質を実現した新世代の印刷機として開発されたXL105は発表以来、一般商業印刷やパッケージ印刷、Web to Printなど業種を問うことなく世界中の印刷会社で高い評価を得てきた。そしてdrupa2012では、用紙サイズを75×106cmに拡張したスピードマスターXL106を発表。さらに4年後には、印刷機の自動運転「Push to Stop」をコンセプトとするdrupa2016バージョンへと進化させている。
 大鹿印刷所が導入したスピードマスターXL106は、コーティングユニット付の6色機でパッケージ印刷のメインである厚紙印刷部門での運用を目的としている。
 また、ウエマツが導入したスピードマスターXL106は、6色片面印刷機。すでに5色機と6色機を各1台ずつ導入済みの同社では、今回の導入によって菊全寸のび判XL106の3台体制を構築している。

ニュースランキング
特集
検査関連機器特集 2019
検査関連機器特集 2019

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2019年3月15日)

製本・後加工 2019
製本・後加工 2019

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2019年3月5日)

page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal